赤ニキビを防ぐスキンケア|毛穴にたまらない皮脂づくり

赤ニキビとはニキビがかなり進行した状態の事を指しています。毛穴の内部が炎症を起こして赤く腫れ上がっていることからこの名が付けられています。

ニキビの症状の中でももっとも悪い状態となり、この段階まで進むとのちに傷跡が残ってしまう可能性もありますので、一刻も早く適切なケアをしなければなりません。

この状態は毛穴内部に皮脂や角質が詰まっているのですが、問題となるのはそこで繁殖しているアクネ桿菌の影響です。

アクネ桿菌は皮脂を好む傾向があるため内部で増殖することになり、皮脂吸収しやすくするため遊離脂肪酸へと変化させることから、これがコメドへと変化します。

加えて皮脂は紫外線や酸素の影響で過酸化脂質に変化することから、この双方の影響で内部の酸化した資質が周囲の細胞に炎症を引き起こすのです。

ではこの赤ニキビを予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

悪化した状態を引き起こさないためにやはりポイントとなるのは如何に皮脂を抑えるかという点で、普段の食事で脂質を控えることが最適な方法だと言えます。

脂質は揚げ物や牛や豚などの肉に含まれていますので、揚げ物を避けると共に動物性タンパクの摂取から植物性タンパクの摂取へと切り替えるというのが最適だといえます。

ただ予防のためとはいえ肉好きの方が摂取を控えるという事はかなり我慢が伴うものですね。

そうした場合には調理法法に工夫をするという点が大切で、できるだけ脂肪を切り落としたり、茹でるなどすれば油が取れます。こうした細かな点に注意することで、赤ニキビの予防に対しても一定の予防効果が期待できます。

ニキビの状態が赤ニキビまで進行してしまうと、「治るのを待つ」以外にできることはありません。できる前に防ぐためのケアを中心としていきましょう。

もしも赤ニキビができたら?ホントにお手上げ??

赤ニキビができたら基本的には「治るのを待つ」しかありません。
と聞いて、「じゃあ、治るスピードを早めればいいやん!」と思ったアナタはデキる男です(笑)

確かに、肌の新陳代謝を良ければ回復が早くなり、ニキビ痕も残りにくくなります。そして、ニキビができやすい男性のほとんどが新陳代謝のリズムが乱れていますので効果的な改善方法です。

ということで、以下に新陳代謝(ターンオーバー)を促進させる方法をいくつか挙げましたので、是非、参考にしてください。

良質な睡眠を摂る

良質な睡眠を取ることで、肌の再生を促す成長ホルモンがより多く分泌されます。

ここで間違えてはイケないのが、睡眠時間が長い=良質な睡眠ではないこと。良質な睡眠とは、より深く・ぐっすり眠れることを言います。

寝る前はなるべく明るくない環境で過ごし、脳が活発化することを避けることがポイントです。

適度な運動をする

適度に運動し、筋細胞を傷めることも効果的です。

こうすることで、細胞を修復することを目的に睡眠中の成長ホルモン分泌が促進されます。あまりにも高すぎる不可をかけることは、肌に有害な活性酸素を発生させてしまうので注意が必要です。翌日に軽く筋肉痛が出るくらいを「適度」ととらえて筋トレをしてみてください。

プラセンタを摂る

美容効果の高い栄養素を豊富に含んだプラセンタを摂取することも、ターンオーバーの促進に効果的です。

摂取する方法は主に注射とサプリがあります。美容クリニック以外にも、内科でプラセンタ注射を提供しているところもありますので、興味があれば最寄りの内科に問い合わせてみましょう。もっと手軽に摂れるサプリもオススメです。

当サイトでもプラセンタサプリは推奨していますので、一度試してみてはいかがでしょうか?詳細はコチラからチェックしてください。

シェアする

フォローする