男のニキビケア|不衛生になりやすい「汗」が夏ならではのニキビ原因に

ase-top

夏には汗を多くかくと思います。この汗が夏ならではのニキビの原因となっていることは、非常に多いです。

まず、汗が毛穴を塞いでしまう点が、ニキビの原因の一つです。ニキビは毛穴から皮脂が出られなくなり、その皮脂が酸化するなどして起こります。毛穴が詰まっていなければ、基本的にニキビはできにくいので、毛穴が詰まる要素を排除してやることが肝心となります。

汗は、毛穴を詰まらす原因になりがちであり、特に夏は自然と出てくるので厄介です。じっとしているだけで汗が出て、毛穴を詰まらせてしまうので、よくふいてやることが必要だと言えます。

さらに、汗の成分は、栄養なども含んでおり、ニキビ菌が増えるのに役立ってしまいます。ニキビ菌は雑菌が繁殖しやすいような場所を好みます。汗をかいたまま放置しておくと、菌が発生しやすい状態となり、ニキビが悪化してきます。

汗をかくことは良いこと「放置」がダメなんです

このように、夏に自然とかく汗などは、ニキビの原因となりやすいので、対策が必要になってきます。ただし、汗をかくこと自体は、ニキビの改善にも役立ってきます。スポーツなどで汗をかくと、毛穴のつまりなどが洗い流され、毛穴の詰まりが解消してニキビ予防になります。

さらに、血行の促進なども促してくれ、血液の質も高めてくれるので、しっかりと汗をかくこと自体はニキビ対策に良いと言えるでしょう。スポーツなどで汗をかいた後に、シャワーを浴びるなどしてしっかりと汗を流しておけば、ベストなニキビ対策となってくれます。

また、汗が衣服や寝具などについてしまうのも、ニキビの原因の一つとなります。寝ている時に、寝汗をかいて枕や布団などに汗がついてしまいます。そうすると、枕などに細菌が増殖し、ニキビの原因となってきます。

汗もあまり吸わなくなるので、肌に汗が残ってしまい、にきびの原因となることもあります。しっかりと衣服や寝具の洗浄も行なうようにした方が、汗によるニキビを防ぐことができると言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする