夏の生活の乱れが原因?口周りのニキビに効果大の、男のスキンケアとは

夏の生活の乱れは大敵

口周りにできるニキビの原因として、栄養バランスや胃腸の調子が指摘されることが多いです。その他にも、ストレスやホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れなどによって口まわりのニキビはできてしまうので、しっかりと対処していくことが大事です。

具体的に口周りのニキビケア方法として、洗顔が基本となります。洗顔をする際に、頬の部分はしっかり洗うけれど、意外と口周りは洗えていないこともあります。しっかりと洗顔時に洗うようにして、口周りの汚れなどもとっておくことが大切となります。

特に、寝起きなどは口周りが汚れていることもあります。洗顔を行なって、口周りを綺麗にしておくことが、ニキビを防ぐ要因となります。

胃腸と肌の関係は密接「負担」の軽減を意識しよう

naizo-top

次に、胃腸の調子を整えることが重要になります。胃腸が弱い人は、特に口周りのニキビケアにおいて、胃腸ケアを心がけることが重要と言えるでしょう。例えば、消化の悪いものは、よく噛んで食べるようにするなどの対策が有効と言えます。多少時間がかかったり、面倒な部分もありますが、よく噛んで食べるというのは、胃腸ケアの最良の方法となっています。

さらに、夏などは、冷たいものやジュースなどを一気に摂取してしまいがちです。冷たいものを一気に摂取すると、胃腸がびっくりして調子が悪くなります。あまり冷たいものを大量に食べないようにして、お腹の調子を崩さないことが重要だと言えるでしょう。

それと、栄養バランスも口周りのニキビケアに重要です。偏った食事をしている人は、口周りのニキビができやすいとされています。糖分や脂肪分などはなるべく取り過ぎないように控えるようにし、野菜などのビタミンが豊富なものを摂取するようにすると、口周りのニキビケアとなります。

また、ストレス対策も口周りのニキビケアには重要となっています。ストレスが口周りの肌に出るという人もおり、しっかりと休息をとるなど、ストレスケアを心がけることで、ニキビも解消されていきます。

このように、胃腸のケアなどを中心に、総合的にニキビケアを行うことが、口周りのニキビを改善する有効な方法となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする