髭との付き合い方

日本を含む東アジアの各国では、ひげとは「邪魔なもの」という認識が極めて多いのは事実です。

そうした背景や、昨今のイケメンの定義にそって、ひげを含め毛深い男性は男女両方から敬遠される向きもあり、ひげは剃るものと考える人が多いのもまた事実です。しかし、必ずしもひげは必要ないものだというわけではありません。

以前にも少し書きましたが、ひげは人体を守る保護機能を有しています。呼吸器に空気が入る前のフィルターとしての効果をひげは持っているのです。

また、最近ではテレビでも外国の人の血の混じったハーフやクォータのタレントも増えてきていますし、在日の外国人のタレントも数多くいます。そうした他国の文化の影響もあってか、ひげはマイノリティであるにしても、一定の個性であると捉えられたり、セクシーであると感じる女性も少なからずいます。

ヒゲもファッションの一部

また、ヘアスタイルと同様に、ひげの形をファッションとして楽しむ傾向もあります。特にスポーツ選手の中にそうした傾向が見られます。このように、煩わしさを感じるひげも、ちょっと考え方を変えてみれば意外と楽しいものです。

しかし、現実問題として、社会人として清潔感のある姿をと望まれる場合、どうしてもひげは剃るなり脱毛するなり考えなければなりません。

また、若いころ、それこそ少年期からひげが生えている人だと、ひげがある事自体にコンプレックスを抱いていることでしょう。そこで、機器や薬品を使って脱毛するのではなく、定番のカミソリや電気シェーバーを使ってひげの手入れをしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする