家庭用脱毛器でヒゲ脱毛<痛みや肌への負担>は大きい!?

ひげの脱毛を行うために、何もエステサロンや皮膚科に通うのは面倒だと考える人も少なくないでしょう。

できれば手軽に自宅で行えたら良いと考える人も少なくないでしょう。そうした考えを持った人のために、家庭用の脱毛器があったりします。一番ポピュラーなのは家庭用レーザー脱毛器だと思います。それでは、実際の使いごこちはどんなものなのでしょうか。

多くの場合、家庭用レーザー脱毛器には説明用の動画が同梱されています。普段家庭で使用する機器とは完全に違うものですし、体に実際に使うものですから、きちんと扱い方を把握し、説明書も細部までチェックして、どのように使うかを知っておきましょう。

機器にもよるかもしれませんが、殆どの場合毛深い箇所には弱いレーザーを使い、薄いところに強いレーザーを使用します。というのも、レーザーの特性として黒い色に強く反応するということがあります。ですので、毛の濃い部分=黒い色の多いところに強いレーザーを当ててしまうと、レーザーのエネルギーがそこに集中してしまうのです。

家庭用脱毛器の使い方はここに注意

強すぎるレーザーは痛みを伴うだけでなく、後々のお肌のトラブル(炎症やしみなど)につながってしまいます。どちらにしても、最初は弱いレーザーから始めることが肝要です。

レーザーを当てる前に、ひげはできるだけ丁寧に剃っておいた方が良いでしょう。その方がより効果的な脱毛を行うことができます。

肌が弱い人だと、ひげを剃った直後にレーザーを当てると肌を痛めることになります。ひげを剃ってからしばらく時間を置いてレーザーを当てるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする