ニキビ肌がコンプレックスの男は「良質の油(脂)」をもっと取りやがれ!

美容意識が高いのにも関わらず、ニキビにず〜っと悩んでいるアナタは、ぜひ、このページを最後まで読んでください。

実は、意識が高い人だからこそ陥るニキビの原因があるんです。その昔、ニキビに悩まされていた管理人も陥っていました。

それは、油(脂)を極端にとらない食生活です。

ニキビを改善するために食生活を正すことは重要ですが、その過程で油(脂)をほとんどカットしてしまう人は少なくありません。良かれと思ってやっているこの食生活が、さらなるニキビの原因につながってしまうことに。

油(脂)をほとんど取らない食生活をすると肌はどうなるか?

1つは、乾燥肌に。肌の水分をキープする成分はいくつかありますが、その1つに皮脂があります。皮脂と聞くと毛嫌いする方もいますが、実は肌にとっては欠かせない存在。食事から油(脂)を摂取しなければ、皮脂が少なくなるのも当然ですよね。こうして肌がガサガサの乾燥肌になり、外からの雑菌などで炎症を起こやすくなり、ニキビができる原因になってしまうワケです。

もう1つ。こういう食生活は、オイリー肌を招く可能性もあるんです。防衛本能のようなもので、皮脂が不足し乾燥しがちになることで、肌の水分を守るため、逆に身体が皮脂を過剰に分泌させてしまうこともあります。これは、10代・20代の若い年代にありがちなことです。管理人もこれでした。メンズエステで言われたままです(笑)

こう聞いても「でも、やっぱニキビになりそうで、怖い・・・」と思うかもしれませんが、それは正解であり、間違いなんですね。

ポイントは、どんな油(脂)を取るかということです。

油には2種類あります。肌の老化を招いたり、健康にとって害のある油。そして、美肌はもちろん、健康効果のある良質の油。言うまでもなく、後者の良質な油(脂)を取る分にはなんら問題ありませんし、過度に摂取しない限り、ニキビや肌荒れにも有効になります。

悪い油(脂)は、インスタント食品などほとんどの加工食品に含まれているトランス脂肪酸。それ以外では、肉や乳製品などの動物性脂肪を取りすぎると、肌にとって悪い働きをするようになります。う〜ん、見るからに男が好きそうな食べ物ばかりに含まれていますね(汗)

一方の、肌に良い油は、アーモンドアボカドなどに含まれる植物性の油(オメガ9)と青魚などの脂分(オメガ3)です。以前もブログで書きましたが、管理人もアーモンドの効果を実感していますし、アボカドなんて「食べる美容液」とまで言われています。

こうした良質の油は、肌を適度に潤わせてくれます。また、悪い油と比べ固まりにくいので、毛穴に詰まって黒ずみやニキビといった肌トラブルを招くことも少ないので、ぜひ、安心してとってください。

また、良質の油による美肌効果は、保湿力をあげるだけでなく、食事でとった栄養分を浸透しやすくする効果もあります。ニキビ肌の改善には正しいスキンケアも欠かせませんが、それと同じくらい、身体の内側からコンディションを整えることも大事です。気にするあまり不足しがちな油ですが、とり方次第では、驚くほど美肌効果を発揮してくれますよ。

シェアする

フォローする