ひげ脱毛が<今、人気!>多くの男性に支持されるワケ

近代以降の日本では、ひげを生やすことは敬遠されてきました。

というのも、日本人を服務モンゴロイド系アジア人種の殆どは、他の人種の人たちと比べてひげが薄い傾向にあります。そのため、ひげを伸ばしてもほとんどの場合が中途半端な無精髭のようになってしまい、見た目の清潔感を大きく損なってしまいます。

保険の外交員や銀行員などといった、清潔そうなイメージが重要な職業の場合、職場の服務規程などによってひげを剃ることを明記しています。

その他にも、ひげ剃りあとが青くなってしまう、女性に敬遠される、実年齢よりも上に見られてしまう、手入れが面倒だといった理由で、ひげを脱毛することを考える男性は多いと言われています。

女性のほとんどはヒゲを嫌います

特に、近年では日本人女性の7~8割以上が男性のひげなどを嫌っているようです。男性にとって、女性に遠ざけられるほど悲しいことはありません。

理由は他にもあると思いますが、多くの男性は女性に気に入られたいがためにひげの脱毛を考えはじめるようですが、ほとんどが逆効果に終わっているようです。

この他には、いちいちひげの処理が煩わしいと感じたり、その処理がうまくいかずに青くなったり、頬などに傷がついたりするのを嫌うといった事もあるでしょう。

確実に言えるのは、男性は「いかにしてひげを処理すべきなのか」といった永遠のテーマを持っています。そして、その最も合理的かつ効果的な処理の方法として、脱毛を選ぶ人が多いというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする