始めよう男の美白ケア~シミの原因から見た8つの基礎ケア

simi-0g

世の中はまさにストレス社会。働き方改革とはどこ吹く風で、男性はとても辛いストレスを抱えながら仕事をしていますよね。

そのストレスは、心への影響だけではなく肌へのシミができる原因になっているかもしれません。

目次

  1. そのシミ、手遅れ寸前かも!?
  2. 男だって美白ケアする時代!シミ・くすみの目立つ汚い肌はモテない
  3. 加齢にともない目立つ理由!?見えるシミと目に見えないシミについて
  4. シミ・くすみの根本原因「メラノサイト」が発生するメカニズム
  5. 正しいシミ・くすみケアは、肌の仕組み・構造を知ることから
  6. 基礎知識としてのビタミンC(美容コラーゲンとの関係
    1. 疲れ、ストレスで消費され、喫煙で破壊されるビタミンC
    2. 活性酸素を増やすな!肌の老化を早め、シミやくすみの原因にも
    3. まずひどい生活習慣の見直しは前提
  7. シミやくすみなどの肌トラブルは、日頃からのケアを習慣づける事で改善される。
  8. 顔色の悪さで損するな!その肌のくすみ「古い角質」が原因かも
  9. ゴシゴシ洗顔はNG!肌に負担をかける洗い方がシミ・くすみの原因に
  10. 乾燥肌の男性はくすみやすく、艶がない!?肌に水分・油分は足りてる?
  11. あなたの肌も無防備かも!?乾燥肌がシミ・くすみの原因に
  12. シワだけじゃない!コラーゲン不足の男は肌のシミ・くすみにも注意
  13. シミ対策のための7つの基礎ケア
    1. 1.正しい洗顔をする
    2. 2. 肌をしっかり保湿する
    3. 3. 紫外線対策を徹底する
    4. 4.ストレスを溜めない
    5. 5.良質の睡眠を心がける
    6. 6.喫煙習慣を見直す
    7. 7.年齢に適したケアを行う
    8. 8.くすみを防ぐスキンケア|顔色を良くするマル秘テク

そのシミ、手遅れ寸前かも!?

  • 30代になって急にシミが目立ちはじめた
  • 顔のトーンが暗いので改善したい
  • 頑固なシミ、なんとか消したい
  • 学生時代に浴びた紫外線の影響が気がかり
  • 効果的なシミ予防方法を知りたい

という男性は、このページをしっかりと確認しましょう。

 

既にポツポツとシミが目立ち始めているようであれば、今スグにシミ対策を始めることをおすすめします。ニキビや吹き出物と違い、シミは一度できたら自然と消えることはありません。

放っておけば、時間の経過とともに肌に染みつくばかり。手遅れになる前にシミ対策を始めましょう!以下、どんな男性も抑えておきたい、シミの原因+シミ対策のための7つの基礎ケアです。

男だって美白ケアする時代!シミ・くすみの目立つ汚い肌はモテない

男は昔から日焼けしていた方が男らしいとされ、黒い事が勲章のように扱われてきました。

また、男は細かい事を気にせずに堂々と構えていた方がいいと言ったような世間一般の価値観や男性像から、こうした女性のような細かい事には無関心でした。

当然、洗顔も肌を気にせずゴシゴシと洗ったり、強い日差しの中で対策をせずにスポーツや仕事に明け暮れるというのが常識でしたが、若いうちならまだしも年を取ってくるとこうした生活が仇となって肌荒れや老化の原因となってしまいます。

近年では、若い男性にも肌や見た目をしっかりと気にする風潮が広がっており、男性のこうしたスキンケアの関心の高まりから、男性用の洗顔フォームなども改良され、ニキビ予防や清涼感を売りにした商品から、肌荒対策、保湿対策などのスキンケアを意識した商品が多く販売されるようになっています。こうした事からも分かるように、男性の肌に対する意識は高まってきています。

人間の肌や身体の作りは基本的に男女か変わりありませんから、美容や見た目、ファッションへの関心の高まりからすれば、当然の流れだと思います。近年では、男性用の化粧品などが発売されるようになっているなど、男性の肌や美容への関心は非常に高まっています。

また、黒いのが男らしいといった一般的な考え方は、今でも根付いていますが、案外女性の目線からすると、肌の色は関係ない場合が多く、色白で細身の男性が多く好かれるようになってきているなど、必ずしも黒い事が勲章という価値観は古くなってきています。

加齢にともない目立つ理由!?見えるシミと目に見えないシミについて

顔にできるシミやくすみには、目に見える表面上のシミと、目に見えない潜在的なシミとがあります。

目に見えるシミは、メラニン色素が表皮まで達した状態で、発見がしやすいですが、目に見えないシミは、皮膚の中に潜っており、表面に出てきていない状態にあります。このような潜在シミが非常に大きな問題で、目に見えないため、本人がなかなか気付きづらく、対策がしにくいのが難点です。

そうして皮膚の奥深くに潜伏したシミは、加齢とともに表面に出てくる場合があり、年を取ってからシミやくすみが増えてくるのはそのためなのです。さらに厄介なのが、シミの元となるメラニンは紫外線がよく当たるところにできますが、紫外線が繰り返しあたっているうちにこうしたメラニンが度々分泌される事となり、そのうち歯止めがきかなくなってしまいます。

老化で肌が弱ってきた時にシミが増え始めるのはこのせいなのです。こうした潜在シミを防いでいくのに役立つのはビタミンCです。ビタミンCは健康にも美容にも、シミ対策にもすごく力を発揮する物質なので積極的に普段の食事から摂っていきたい物質です。

また、潜在シミを作らない事が大切になってきますが、シミの原因となっている紫外線から肌を守って、紫外線に強い肌を作っていくのが一番良いのではないでしょうか。余計な日焼けや紫外線を浴びるのを防いで、食生活や睡眠などの生活の基盤をしっかりと見直していきましょう。

シミ・くすみの根本原因「メラノサイト」が発生するメカニズム

人間の顔や肌、とくに皮膚の薄い部分に良くできるシミやくすみは一体何故できるのでしょうか。

こうした肌トラブルの原因というのはたくさんありますが、シミやくすみでよく知られている有名なものといえば太陽の光から放出される紫外線の影響があるでしょう。

では、紫外線を受けるとなぜシミやそばかすができてしまうのでしょうか。人間の皮膚細胞にはメラノサイトという色素を作る細胞があります。この細胞が紫外線を受ける事でメラニンという色素を作り出します。これが肌の表面に現れてくると、他の肌とは色が変色してしまい、シミやくすみとなるのです。

なぜ、メラノサイトが黒い色素を出すのかというと、紫外線を強く受けている部分の肌を守ろうとするためです。こうした肌が黒くなってしまう現象は、日焼けが有名です。太陽の光を強く浴びる事でメラニンが大量に分泌される事で紫外線を吸収して体内や皮膚を守ろうとする防衛本能なのです。このメラニンはシミを作る他に、髪の毛の色や目の色を決める重要な細胞でもあります。

基本的に、シミやくすみはこうしたメラニンの働きと紫外線が強く影響しています。年を取ってからシミやくすみなどが酷くなってくるのは長年受け続けた紫外線の影響が主で、メラニンは身体を守るために分泌されているのです。

こうした、シミができやすい体質の人やできづらい体質の人がいますが、シミ対策はどなたでもする事ができますし、たとえ同じ環境下でもシミになりやすい肌の状態と、シミになりづらい肌の状態があるのです。

正しいシミ・くすみケアは、肌の仕組み・構造を知ることから

スキンケアや肌の事を考えるのであれば、まずは私たちの皮膚が作られるサイクルをしっかりと知るところから始めましょう。

まず、人間の皮膚には3層の構造からなっています。皮下組織と真皮、表皮の三つです。皮下組織で作られた皮膚が真皮になり、表皮になるというわけです。通常、これらは新陳代謝の行程で4週間ほどかけて排出されます。皮下組織でつくられた皮膚が真皮で2週間ほどすると表皮に上がってきて、その間真皮には新たな皮膚が上がってきます。

そしてもう2週間で表皮が全て代謝されるというサイクルで皮膚は回っています。ですので、通常であれば4週間すれば全く新しい皮膚組織に全て生まれ変わるという事になります。たとえシミやそばかすがあっても、キズがあっても、本来は4週間以内に全て無くなるはずなのです。

しかし、シミのようにメラニンが過剰に分泌された部分というのは、そのままにしておくと定着してしまい、常にメラニンが分泌された状態で何週間経っても色が変わらなくなってしまいます。これが定着してしまったシミなのです。

こうしたシミを作らないためには、常日頃からしっかりとしたスキンケアをしておくだけでなく、こうした肌のメカニズムや新陳代謝の過程がしっかりとおこなわれるようにしてあげなくてはいけません。角質が表面で肥厚してしまったり、血行が悪くなってしまっては新陳代謝の妨げとなります。

こういった肌の仕組みを理解したうえで、ケアをすることで、ひとつひとつのケアに対してきちんと目的意識を持つことができるので、ぜひ、覚えておいていただきたいと思います。

基礎知識としてのビタミンC(美容コラーゲンとの関係

ビタミンCは体内で作り出すことができない物質で、必須アミノ酸などと同じく、食事などで体外から摂取するしかない栄養素です。

古くから美容に良いとされてきましたが、肌をおおっている大切な成分であるコラーゲンを生成する時に欠かせない物質です。

また、シミの原因となるメラニンの生成を抑える効果があります。

しかもこのビタミンCは、摂りすぎたとしても体外におしっこや汗と一緒に排出される物質ですので、少し多く摂りすぎても人体に悪影響はない物質です。

 

疲れ、ストレスで消費され、喫煙で破壊されるビタミンC

このビタミンC、疲れに効ききます。また、ストレスを多く感じている時など、活発に消費される物質ですので、ストレス社会の現代ではまさに欠かせない物質です。

 

現代人は、疲労やストレスなどから非常に多くのビタミンCが必要とされています。

その中でしっかりと肌にまでビタミンCを行き渡らせるためには、サプリメントなどでより積極的な摂取が不可欠なのではないでしょうか。

 

喫煙の習慣がある人は尚更で、喫煙により多くのビタミンCを破壊してしまうため、より多くのビタミンCを摂取する必要があるでしょう。

タバコを吸うと肌が荒れたり老け顔になるのは、このせいだと言えます。

活性酸素を増やすな!肌の老化を早め、シミやくすみの原因にも

活性酸素とは、体内に有毒な物質で喫煙やストレスなどによって多く生み出されるものです。

生物はみな酸素を取り入れて活動しています。酸素を取り入れる過程で、どうしてもこうした活性酸素が生まれてしまいます。活性酸素は通常の酸素が少し変化して、さまざまな化学反応を起こしやすくなった状態の酸素です。

ストレスが原因で胃に穴があいてしまうことの原因が活性酸素だといわれており、体内においてもいいことはありません。活性酸素は、洗浄力や殺菌力が非常に高く、そうした効果から洗剤や大気を綺麗にするために使用されることがあります。

この活性酸素を増やさないためには、タバコを吸う人は1日でも早く禁煙をすることと、ストレスを溜め込まないことです。活性酸素は、体内に酸素を取り入れる過程でどうしてもできてしまいますが、ある程度であれば分解する能力を持っています。問題なのは、ストレスや喫煙から活性酸素の生成が分解能力を超えてしまうことです。

活性酸素は、肌だけではなく人体の脂質やタンパク質などに影響を及ぼして老化を促進する要因となります。金属は酸化をすることで錆びてしまうことからもわかるように、酸素は生物に活力を与えるだけでなく、時として錆びさせる要因にもなり、金属だけでなく身体の細胞や脂肪なども酸化すると同じように錆び付いて老化していきます。

今、あなたの肌に目立つシミやくすみも、この活性酸素が過剰に排出されていることが原因かもしれません。タバコを吸わないことは当然ですが、ストレスとも上手く付き合う方法を見つけ出して、過剰に活性酸素が排出されないように気をつけていきましょう。

まずひどい生活習慣の見直しは前提

喫煙しても、解消できるのはニコチン不足のイライラだけ。

ビタミンCが破壊されてしまうためストレス耐性がなくなる上、老け顔の原因であるシミにもつながります。良いことは何もありません。すぐにやめましょう。

やめることが出来ない場合、ビタミンC、特にマルチビタミンを多く摂りましょう。

 

シミやくすみなどの肌トラブルは、日頃からのケアを習慣づける事で改善される。

年齢の問題や、体質的にシミになりやすいという人もいますが、日頃のケアをしっかりと習慣づける事で多くの場合は改善されます。

それには、シミの原因である紫外線を受けづらい肌を作っていく事や、食生活、洗顔の方法などをしっかりと見直していく必要があります。

このようなスキンケアは、普段やらない人から見れば面倒なように思いがちですが、誰でもお風呂に入った時に顔は洗いますし、食事も睡眠も取ります。

しっかりとした知識をつけて、正しい方法を習慣化してしまえばいいだけなのです。

 

とくに男性では洗顔のしかたが非常に雑で肌を傷つけていたり、間違えた洗い方をしている場合も少なくはありません。また、食生活の乱れや睡眠不足も肌トラブルの大敵ですし、当然日焼けも肌トラブルの原因になります。

 

若い頃の男性は黒い方が健康的だからといってあまり日焼けをしすぎると、年齢を重ねるごとにその影響が出始める事になります。普段から正しい知識と正しいスキンケアをしていく事は、たとえ黒さが勲章のような男性でも大切な事なのです。

 

また、しっかりとした食生活や睡眠というのは、肌の状態を保つだけでなく、健康な生活を送っていく上でも全てにおいて基本となる事です。こうした当たり前の事をあたりまえにこなしていく事が、肌のトラブルを防いでいく上でも大切な事です。

顔色の悪さで損するな!その肌のくすみ「古い角質」が原因かも

顔が全体的に暗く見えたり、くすみだけではなく、触れた時になんとなくゴワゴワと手触りが悪い場合は、古い角質が代謝されずにそのまま皮膚内に留まってしまっている可能性があります。

こういった現象を角質硬貨と言うのですが、通常、皮膚には2つの層があり、真皮で作られた皮膚が表皮として顔の表面を多い、しばらくするとそれが新陳代謝によって代謝され、また新たな皮膚に生まれ変わるというのを繰り返しています。

しかし、肌の乾燥や紫外線の影響、間違った顔の洗い方などでこうした古い角質が代謝されずに表面に残ってしまうことがあります。こうなると表皮の角質が肥大化してしまい、手で触った時にゴワゴワとムラがあって触り心地が悪いだけではなく、くすみや黒ずみが目立ってしまいます。また、血行が悪くなくても顔全体の血行が悪く見えてしまったりします。なぜかと言うと、角質硬貨によって皮膚本来の艶や透明感が失われてしまうからです。

こうした角質硬貨は、摩擦によっても引き起こされるもので、顔や肌を強くこすりすぎている場合なども角質が溜まってしまい見栄えが悪くなってしまいます。

たいして強くこすっていなかったとしても、乾燥した肌であればこすったのと同じ状態になってしまうこともありますので、正しい洗顔の方法で顔を洗い、しっかりとしたスキンケアをして乾燥対策や紫外線対策をしていくといいのではないかと思います。

ゴシゴシ洗顔はNG!肌に負担をかける洗い方がシミ・くすみの原因に

シミやくすみなどの肌トラブル対策には、しっかりとした知識と日頃からの習慣が大切です。

こうした肌トラブルや肌年齢を上げてしまう大きな要因のひとつとして、日頃からの間違ったスキンケアが上げられますが、具体的に改善方法を考えていきましょう。

まずは、毎日必ずおこなうであろう洗顔ですが、洗顔フォームを手につけてゴシゴシと洗ってしまうのはNGです。洗顔フォームをしっかりと泡立てて優しく泡をのせるような感覚で全体を洗います。

肌の質や丈夫さは人それぞれ違いますので、必ずしも肌が弱い人ばかりではないと思います。しかし、洗顔は毎日するものですから、多少洗い方が不十分だったとしても問題はありません。洗い過ぎの方が問題だと管理人は考えます。

洗顔フォームもものによって洗浄力が強いものとそうでないものがありますが、たいていの市販ものは洗浄力が強めに作られているので、泡をのせるだけでも十分に洗浄できます。

また、丁寧に洗おうとするあまり、時間をかけて洗顔するのも問題です。洗浄力の強い洗剤を長い間顔にのせていては必要な油分までも取り除いてしまい、肌がそれを補おうと過剰に油分を分泌するとニキビや油肌の原因になってしまいます。

間違えた洗顔方法は、油肌の原因になったり、必要以上に乾燥して肌荒れをおこしたり、肌にキズがついて傷口から菌が入ってニキビになってしまったりと、シミやくすみ以外にもさまざまな問題を引き起こしますので、正しい洗顔方法を習慣づけましょう。

乾燥肌の男性はくすみやすく、艶がない!?肌に水分・油分は足りてる?

顔やその他の肌には、ある程度の水分と油分が必要不可欠です。

こうしたものによって艶とハリのある肌質を維持していますが、年齢や受けた紫外線の影響などによって、肌の水分や油分が奪われていきます。これによって肌の艶が失われることで今まで目立たなかったくすみが目立つようになったり、肌の表面が荒れることで電気や日光の光をうまく反射することができなくなって顔の見栄えが悪くなります。

こうした艶不足によるシミやくすみというのも大きな要因になりかねません。しっかりとした肌質を維持できるように普段からケアを習慣化することです。

とくに男性の場合、こうしたスキンケアに関心があまりなかったり面倒だったりケアの方法が分からなかったりでついつい手入れを怠ってしまいますが、なにも難しいことではありません。朝に顔を洗ったり服を着る、夜に歯を磨いたりパジャマに着替えるのと全く同じで、大切なのは習慣として身につけることなのです。

そして、肌の艶が不足するということは、肌が痛んでいるということですし、必要な油分や水分が不足している状態になります。

これでは、肌年齢がどんどん上がっていってしまうことになりますので、しっかりとケアをしていかなくてはいけませんし、原因は決して紫外線や年齢のせいだけではありません。

食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどというものも大きな要因になっています。実際、年齢や紫外線の影響は誰でもさほど違いはありません。しかし、ストレスの度合いや生活習慣などは一人一人違いますので、しっかりとした習慣を身につけていくべきです。

あなたの肌も無防備かも!?乾燥肌がシミ・くすみの原因に

肌の状態は、その人の体質や遺伝、生活環境などの要素が大きく関係してきます。

乾燥肌で困ることは、風呂上がりに顔や肌がツッパったり頭皮が乾燥してかゆくなる、肌が敏感になってしまってたしょうの接触でもキズやできものになってしまうなど、さまざまなことがあげられます。

乾燥肌では、本来皮膚を守っている水分や油分の働きが弱く、紫外線や外部のウイルスの影響を受けやすくなってしまいます。そのためシミやそばかすができやすくなってしまったり、洗顔の際に注意しなければキズができてしまってできものになってしまいます。

乾燥肌はどうしても普段から乾燥しがちであるため、その都度保湿の対策をしていくしかありません。また、真冬などの乾燥する時期ではお部屋に加湿器を設置するなど、普段からの乾燥対策が必要になってきます。

さらに厄介なのが、乾燥をすることでシワが目立つようになったり、加齢で深いシワができやすくなってしまいます。シワが顔にできると、それだけで老けてみえてしまいますから、しっかりとした保湿をすることと、頻繁に顔の体操やマッサージをすることで皮膚を常に柔軟に保っておく必要があります。

また、保湿をする際の化粧水や乳液なども、その人の肌質によって合う合わないがあり、肌がかゆくなったり湿疹ができたりしますので、自分の肌にあった低刺激なものを選んでいくべきでしょう。

最近の保湿用品はイソフラボンやコラーゲン、プラセンタなどの美容成分を配合したものも多いので低刺激で必要な成分がしっかりと配合されているものを選んでいきたいですね。

ちなみにですが、管理人がここ2〜3年愛用しているのがこの化粧水です。自信をもって人にオススメできるアイテムですので、肌が乾燥しがちな場合は、ぜひ試してみてください。

シワだけじゃない!コラーゲン不足の男は肌のシミ・くすみにも注意

皮膚の欠かせない一部でもあるコラーゲンですが、体内では非常に多くのコラーゲンが生成されており、さまざまな役割を担っています。

皮膚を形成しているほかに、細胞を支えたり、臓器と臓器をつなぎあわせる、筋肉を形成したり、血管の壁を支えていたりと非常に多くの役割を担っています。

また、骨と骨をつなぐ軟骨の部分にも多くのコラーゲンが含まれており、クッションのような役割を果たしています。肌においては、ふっくらとしたハリと弾力を与えたり、細胞内の水分が抜けないように保湿の役割を担っていたりと、私たちの身体はコラーゲンで支えられています。

コラーゲンが加齢とともに不足していくと、肌にハリや弾力がなくなったり、シワの原因となります。また、コラーゲンのある肌の真皮層が衰えれば、表面も同様に老化が進み、シミやくすみも目立ちやすくなります。

コラーゲンは、動物や魚類の肉などから摂取する事ができます。フカヒレやスッポンには多くのコラーゲンが含まれており、美容にもいい事が知られていますが、こうした動物性の肉を摂取するということは、同時に多くの油や脂肪分も取り込むということになります。さらに、こうした脂肪分などから比べても、含まれているコラーゲンの量は非常に少ないです。

なので、コラーゲンを効率的に摂取するには、サプリメントなどを利用するのが金銭的にも成分的にも効率がいいでしょう。今ではどのような栄養素も効率よくサプリメントで補給できる時代になりましたし、コラーゲンのサプリメントは、薬局などどこでも購入できます。

シミ対策のための7つの基礎ケア

さてここからシミ対策です。

1.正しい洗顔をする

洗顔の仕方ひとつで、肌の状態は大きく左右されます。

肌の状態を良好に保つことで、出来てしまったシミの排出や潜在シミを抑制することができます。

  1. 「泡をしっかりたてず、手でゴシゴシ洗う」
  2. 「1日に3回以上洗顔する」
  3. 「間違った洗顔料を使う」
  4. 「お湯で顔を洗う」
  5. 「一回の洗顔時間が1分以上」

これらは間違った洗顔方法です。

間違った洗顔方法をしていないかチェックし、誤っている点は全て改善しましょう。

正しい洗顔方法に導く10のポイント/メンズスキンケア基礎のキソ | 【男の美肌道】清潔感120%アップ!モテる男になるスキンケア術
繰り返しニキビや吹き出物ができる、極端なオイリー肌もしくは乾燥肌のあなた!その原因は、普段の洗顔の仕方が悪いからかもしれません。 かつては僕もそうでした。繰り返しデキるニキビに深く悩んでいた時期がありましたが、今振り返れば、その当時の洗顔の

 

2. 肌をしっかり保湿する

シミの予防に保湿ケアは非常に重要です。

潤いのある肌と乾燥した肌ではシミの原因になる紫外線による影響度が大きくことなります。

肌が乾燥すると、外部からの刺激に対する肌の防御力が弱まるので要注意です。

スキンケアでオルビスアクアフォースシリーズはアリです
スキンケアの基本的な流れ(おさらい) 肌トラブルが気になっている同志諸君。 綺麗な肌を保つためには「正しいスキンケアが基本」というのは耳にタコですね。 Step1.洗う まずは洗顔。朝と夜にしっかり、汚れ・古くなった...

 

3. 紫外線対策を徹底する

紫外線が皮膚にあたると、メラノサイトという肌細胞がシミの原因になるメラニンを多量に排出します。

これまでに浴びた紫外線が一定量を越えると、メラノサイトがメラニンを排出し続けることになり、いつまで経ってもシミが残ることになります。

また、一度浴びた紫外線は簡単にリセットできません。

ですので、日頃から紫外線対策することはシミ対策には欠かせません。

 

4.ストレスを溜めない

日常的にストレスを感じていると肌にシミが現れやすくなります。

ストレスを感じると体内に発生する「活性酸素」が発生します。

この活性酸素もメラニンを排出させる原因になりますので注意が必要です。

職場や家庭でストレスを抱えていませんか?

ストレスはあるものと割り切り、しっかり解消することが重要です。

 

 

5.良質の睡眠を心がける

肌が生まれ変わる周期(ターンオーバー)を正常に維持することは、シミ予防・改善に効果的です。

肌のターンオーバーは睡眠中に一番活発になりますので、良質な睡眠を取れるよう心がけましょう。

ターンオーバーの良し悪しがシミ予防・改善に密接に関係してきますので、睡眠を疎かにするのはNGです。

 

6.喫煙習慣を見直す

たばこの怖さ

喫煙により体内に発生する活性酸素は、シミの原因になるメラニンを多量に排出させてしまいます。

また、メラニンを抑制するビタミンCを破壊してしまうので、タバコを吸う方は負のスパイラルに陥りやすくなります。

そのままタバコを吸い続ければ、いつしか顔がシミだらけの男になるのがオチ。

健康にも美容にとっても悪影響しかないタバコは、今すぐ止めてしまいましょう。

始めよう男の美白ケア~シミの原因から見た8つの基礎ケア | 【男の美肌道】清潔感120%アップ!モテる男になるスキンケア術
世の中はまさにストレス社会。働き方改革とはどこ吹く風で、男性はとても辛いストレスを抱えながら仕事をしていますよね。 そのストレスは、心への影響だけではなく肌へのシミができる原因になっているかもしれません。 そのシミ、手遅れ寸前かも!? 30

 

7.年齢に適したケアを行う

加齢にともなう肌のターンオーバー(新陳代謝)の遅れは、シミが排出されずに定着してしまう原因になります。

また、肌の水分が不足しがちにもなり、紫外線などの外部からの刺激にも弱くなるので注意が必要。

30代も半ばを過ぎれば、美白コスメを取り入れたケアも必要になってきます。

3Stepで強力美白!男のシミ肌を明るくする化粧水・美容液・クリーム
実績の高い美白成分を使用 ナノカプセルで成分を包含 美白成分が肌の奥まで届く 〜セット内容〜 ・QuSome ホワイトローション(150ml) ・QuSome ホワイトエッセンス(15ml) ・QuSome ホワイト...

 

8.くすみを防ぐスキンケア|顔色を良くするマル秘テク

年齢と共に肌には様々な衰えが出てくるのですが、比較的に速い段階から出てしまうのは肌のくすみです。

これは日頃から肌のお手入れをする習慣が無い男性が特に気をつけなければいけない肌トラブルで、 肌は加齢と共に透明感を失い肌ツヤも無くなってしまい、まだ30〜40代そこそこでも人によっては著しく年老いて見えることがあるのです。

この肌のくすみは普段の生活習慣に大きな関わりがあるので細かな要因は様々あるもので、 肌の乾燥や紫外線に当たるといった事柄はもちろんのこと、一番大きいのは血液の循環が滞っているという点が挙げられます。

血液の色は肌に赤みを与え色合いを良くするために必要ですし、それだけでなく血液は栄養を運びますので新陳代謝を促すには必須となります。

しかしそこで血行不良による栄養不足に陥ると、肌の新陳代謝が鈍くなり顔全体の色がくすんでしまうのです。

個々の原因についてはUVカットにしろ様々な対策をとることができるのですが、 新陳代謝を促すというのはなかなか難しいもの個人ではどのような対策をとればよいのか分からないところだと言えます。

そうした時にぜひお試しいただきたいのはプラセンタと呼ばれる胎盤エキスで、くすみの予防としては最適であるといわれています。

プラセンタは肌の新陳代謝を高める効果がありますので、その他の肌トラブルを予防するのにも最適であるといえます。

すでに女性の間ではプラセンタで予防やケアをするというのは最適な方法として広く知られており、 同様に男性にも高い効果をもたらしますので、ぜひ取り入れていきたいアンチエイジングケアだということができます。

艶のある男の素肌へ「顔の老け」を感じたらプラセンタサプリ | 【男の美肌道】清潔感120%アップ!モテる男になるスキンケア術
BEST of 男のアンチエイジング 100%北海道産サラブレッド 100%ピュアプラセンタ原末 混ぜものなし高濃度プラセンタ 初回価格:1,980円 公式サイトへ 加齢によって肌細胞が生まれ変わるサイクルは少しずつ遅くなり、その遅れがシミ

Last Updated on 2018年3月2日 by

コメント

タイトルとURLをコピーしました