黄色っぽい肌のくすみは「糖化」が原因かも!?

顔がなんとなく黄色みがかっていたり、くすんでいるなと思ったことはありませんでしょうか。

また、自分と比べて顔が黄色い人などはいませんでしょうか?

私たちは黄色人種ですから、基本的に肌の色は黄色みがかっていると言われていますし、黄色人種でも肌の色は微妙に違いますので、個人差と言えば個人差なのでしょう。

しかし、この顔の黄色みが糖化という現象の可能性があります。

もし顔が黄色みがかっているなと感じたり、何となくそれで全体がくすんでいるなと思ったら、黄ぐすみの可能性があります。

この糖化とは、肌の内部にあるコラーゲンなどが変色してしまったりする現象で、紫外線を多く受けている人や、甘い食べ物を好んで食べる人、その他にも不規則な食事をとっている場合などが考えられます。

黄ぐすみは、加齢によっても引き起こされる場合がありますが、こうした食生活の悪化や、紫外線を多く受けることなどで、若い人でも十分になる可能性があるものです。

紫外線の対策をしっかりとしたり、食生活のバランスをしっかりと考える、不規則な生活やストレスを極力減らすように努力したりすることで改善されてくるでしょう。

とはいっても、私たちは黄色人種ですから肌が黄色っぽいのは当たり前のことですし、体質もありますので、周りの人と比べて自分の肌が黄色っぽいからといって極度に気にする必要はありません。

こうした肌トラブルがあることも理解しておいた方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする