男達よ、これが目の下のクマを治す方法だ!8つの基礎ケア&本格ケア

目の下のクマを治す方法として、効果的なものを8つピックアップしました。

うち5つはベーシックケアという位置づけで、特段お金をかけることもなく、普段の生活の範囲内で行えるもの。

残りの3つはスペシャルケアの位置づけで、5つのベーシックケアをより効果的にする・サポートするものになっています。

目の下のクマを治す方法 〜ベーシックケア5選〜

1.目の下の保湿をしっかりする

肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの発端となります。これは目の下のクマにも同じように言えること。

目元に細かいシワができるクマ、目元にメラニン色素が沈着してできるクマ。肌がしっかり保湿できていれば細かいシワはできませんし、紫外線を肌の奥まで通しにくくなるのでメラニン色素も大量に出ません。

朝晩の洗顔後に化粧水でしっかり保湿しましょう。そして、乾燥を招く要因、例えばエアコンががんがんに効いた環境や目をこすって掻くといった行動を避けることも重要です。

2.紫外線対策をする

1つ前のケア方法で少し触れましたが、目元にメラニン色素が発生・沈着してしまうことを防ぐために紫外線対策が必要です。

既に目に見えるトラブルを対処したくなるかもしれませんが、そのトラブルを招いている要因をシャットアウトしなければ改善もクソもありません。また、ある程度若ければ、問題の原因を潰せば改善もできちゃいます。

むやみやたらに紫外線を浴びない、外で活動する時はUV対策をする、屋外にいる時は日陰あればなるべく入るようにするなどしましょう。また、肌の水分量が多ければ、紫外線による悪影響も少なくなりますので、1つ前の保湿ケアをしっかり行うことも効果的です。

3.食生活を改善する

男性は、特に一人暮らしであまり自炊しないと厳しいですが、目に良いビタミンA、B群、Cが多い食材を摂ることを心がけましょう。

サプリメントで摂取しても良いのですが、サプリメントは不足分を補うものですので、なるべく食材からビタミンを多く摂るようにしたいところです。

また、砂糖を多く取ると、その代謝のためにビタミンを多く使うことになります。ケーキなどの甘いもの好きの方はご注意を。

4.目の周りの血行を良くする

スマホやらPCやらTVやら、現代人の身の回りの環境は、目に疲労を溜めるものばかりです。その疲労が原因となり、目の周りの血行不良からくるクマを招くことに。

そういったもを使用することは避けられませんので、どれだけ目への疲労を発散できるかがポイントです。そこで効果的なのが、目の周りの血行を良くすることです。

マッサージは効果的といえばそうですが、力加減を間違えると逆にトラブルの原因に。個人的には、毎晩バスタブに10分〜15分しっかり浸かることがおすすめです。全身の血行がよくなるので、目の下のクマ以外にも良い効果があります。
※以下デスクでできる目元マッサージ法


5.良い睡眠をする

目の下のクマといえば=睡眠不足みたいな空気がありますが、その通りです。睡眠がイマイチだと顔(というか首から上)の血の巡りが悪くなり、顔色も悪くなります。特に目の下は皮膚が薄いので、巡りの悪さがよく目立つワケです。

美容云々でなく、睡眠は量も大事ですが、質がより大事です。深く、ぐ~っすりと寝れるとベストです。頭も朝からシャキッとしますし、何より顔色・艶も格段に良くなります。

質の良い睡眠のためには、睡眠直前に飲食しないこと(特に食)、明るい場所や物(スマホやPCなど)を避けることがポイントです。

目の下のクマを治す方法 〜スペシャルケア3選〜

ここからのケアは目の下のクマを治す方法としては非常に有効ですが、それも前述の5つのベーシックケアがあってのことです。日頃の問題点が改善できていないうちにスペシャルケアを取り入れても無駄ですので注意してください。

6.アイクリームで保湿・紫外線対策

目元に必要な栄養成分を与えることを目的としたアイクリームを使うことは、クマのタイプ問わず有効です。栄養を供給する以外にも、保湿効果、紫外線カット効果も備えたクリームは特に有効です。

他と比べ目元は乾燥しやすかったり、一度トラブルを抱えてしまうと慢性化しやすい箇所です。これは目元の皮膚がとりわけ薄いことに起因します。目元とそれ以外の箇所は、全く別物と考えてケアするといいでしょう。

僕も目の下にクマができやすいので、洗顔後に化粧水をつけた後、目の下だけ別にアイクリームをつけています。使っているアイクリームは「クマ改善で若々しい目元へ!効果・品質・価格の揃ったアイクリームはこれ」で紹介しています。

7.サプリで栄養バランスをサポート

食生活を改善したものの、目の下のクマに特に変化がなければサプリを摂ってみましょう。ビタミンをしっかり摂れていないように感じればマルチビタミンを、その他コラーゲンやプラセンタなども効果的です。

マルチビタミンサプリ
マルチビタミンサプリとは、文字通り、一つで複数のビタミンが摂れるものです。美容はもちろん健康の観点からもメリットがたくさん。食事だけで必要量を摂取しにくい場合は、マルチビタミンで補いましょう。
オススメ: 体にうれしいマルチビタミン

コラーゲンサプリ
目の下の肉付きが乏しかったり、逆に目の下の皮膚にたるみが目立つ場合はコラーゲンを意識的に摂ることがおすすめです。いずれの場合も、肌のハリや弾力が不足することにより、目元へトラブルを招いています。コラーゲンは、肌のハリや弾力の源となる成分です。食事だけで必要量を摂るのは難しいため、サプリで補いましょう。
オススメ:すっぽん小町

プラセンタサプリ
あなたのクマの色が茶色であれば、それは茶クマと呼ばれるタイプのものです。このタイプのクマは、メラニン色素の沈着が原因になっている場合がほとんどです。そのため、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進する作用のあるプラセンタが有効。メラニンの排出を抑制し、新しい肌細胞で目のクマを追いやります。
オススメ:キレイ・デ・プラセンタ

8.ホットアイマスクで血行・眠りを改善

マッサージやお風呂だけで目の疲労回復を感じなければ、ホットアイマスクがオススメです。10〜15分ほど使うだけで、目元が軽くなりスッキリします。

最近では男性向けのものもありますが、女性向けのものがオススメです。香りの種類が豊富なため、好みのものを使えばリラックス効果も高まります。また、睡眠時に使用すれば睡眠の質も高まり、一石二鳥の効果が期待できます。

オススメは『 めぐりズム 』というホットアイマスクです。個人的に使ったなかで言えば、ゆずの香りが一番オススメで、ローズの香りが一番イマイチです。

最後に一言

目は口ほどにものを言うということわざがあるように、目は人に対して多くの情報を投げかけるパーツでもあります。

だから僕達は、赤ちゃんのクリっとした目で見つめられれば可愛いと思い、個人名はあげませんが山田優とか山田優それに山田優みたいな三白眼の目で見つめられると金玉をグッと掴まれる感じがするんです。

というワケで目の下にクマがあると、それだけでガラッと印象が変わります。「老けてる」「疲れてる」「元気がない」などなど、クマとペアになった目が与える印象はマイナスばかりです。

女性と違い、我々男性は化粧で隠すことができません。目の下のクマを気にすべきは、女性よりも男性なのかもしれませんねー。

このページで紹介している商品はこちら