疲れ顔に見える「目のクマ」はこう対策|老け顔男性の特徴その5

目のくまができてしまってお悩みの方も多いと思われます。仕事や勉強などを遅くまで頑張ったり、睡眠不足が続いたりすると、目の下にくまができることがあることはご存知でしょう。

くまができるとどうしても疲れていたり、老けているように見られがちです。そのため印象が悪く、人と接するような仕事をされている方にとっては放っておけないトラブルです。

目のまわりの皮膚はとても薄いため、皮膚の下にある血管の色が見えることになります。疲労や睡眠不足が続いたり、ストレスが溜まったりすると、血行が悪くなることで血液中の酸素が欠乏します。

ほかにも栄養不足や体の冷え、喫煙などでも血流の低下が生じてきます。その結果、健康な状態では鮮やかな赤い色を呈している血液中のヘモグロビンが暗い色になり、黒ずんで見える原因となるのです。

目のクマ改善に効果的な方法

そのためこの場合、目元の血行を良くするということが大切となります。

睡眠を十分にとり規則正しい生活をする、栄養バランスのとれた食生活をする、それに喫煙を避けるなどを心掛けるようにしましょう。

また目の周りの血行をよくするためにマッサージをしたり、蒸しタオルと冷たいタオルを交互に顔に当てると、血流が良くなりリラックス効果もあります。

それ以外にも、メラニン色素が沈着することによってできる場合もあります。

この場合の原因は、紫外線による皮膚への刺激とお肌の乾燥によるものです。年齢とともに新陳代謝が低下し、メラニン色素が剥がれ落ちにくくなってきます。これが皮膚に沈着して茶褐色を呈してしまいます。

対策としてはできるだけ紫外線を浴びることを避けると同時に、肌の乾燥を防ぐことが大切です。肌が乾燥してしまうとお肌が刺激に対して敏感になってしまい、メラニン色素を作る働きが強くなってしまうからです。