当てはまったらヤバイ。老け顔男性の決定的な10つの特徴と対策

目次

徐々に肌へ沈着する「シミ」は早期ケアが鉄則

顔にできるシミは、あたかも老化現象の象徴のようで、嫌なものです。老け顔に悩まされている男性の特徴として、よく見られるのが顔のシミです。

シミの多い顔は、どうしても老けて見られがちです。また、顔色全体のトーンも暗くなってしまいますので、全体的に陰気な印象にしてしまいます。そのため接客業や販売業など、人と接することが多い職業の男性は特にシミを防ぎたいところです。

しかしシミの原因が老化によるものであるかというと、一概に言えないようです。日頃のちょっとした気配りで、シミはかなり防ぐことができます。シミの原因の多くは、紫外線によるメラニン色素の沈着によるものです。

なんとシミの原因の8割が紫外線

シミの原因のおよそ8割は、紫外線ともいわれています。草野球、フットサル、キャンプ、サーフィン、スノボーなどなど、屋外でアクティブに活動することが好きな男性は注意が必要です。

こういった男性でも、30代前半くらいまでシミが目立つことがない場合もありますが、油断しては行けません。紫外線による肌へのダメージは徐々に蓄積されていき、一定のレベルに達すると堰を切ったように表面化していきます。

あなたの趣味仲間で年配の男性がいれば、その方の顔をさりげなくチェックしてみてください。今の中年男性が若いころには男性が肌を気にするなんて風潮はなかったので、シミだらけの方が多いと思います。

何も対策をしなければ自分の将来だと肝に銘じ、なるべく日差しのある場所を避ける、日焼け止めのクリームをこまめに塗る、またビタミンCを多く摂るなど、できる範囲で対策を講じていくことが大切です。

生活習慣・食生活の乱れもシミの原因に

紫外線ほどではありませんが、その他のシミの原因も確認しておきましょう。

まず考えられるのが生活習慣の乱れによるものです。ストレス睡眠不足、飲酒や喫煙、栄養バランスが偏った食事や不規則な食生活などがあげられます。

ストレスや睡眠不足は、血行が悪くなると同時に皮膚だけでなく体全体にとっても害を及ぼすとされる活性酸素が生じる原因となります。さらにこれらが男性ホルモンを活性化させる原因となって、メラニンが活発になります。

またビタミンなどを中心に栄養豊富な食生活を送ることにより、シミはできにくくなります。これはダイエットをする方にも注意しなければならないことです。ダイエット中も栄養バランスのとれた食事を心がけていないと、リバウンドだけでなくシミが増える原因となります。

既にできたシミに有効なケア3選

残念なことに、紫外線対策や生活習慣を改善するだけでは、既に肌に現れているシミを消すことは難しいです。あなたがまだ20代前半であったり、シミができたばかりであれば話は別ですが、それ以外の場合では予防的な効果しか期待できません。

既にできたシミを消すには、どのような対策方法があるのか?特に高い効果を期待できるケア方法を3つ紹介します。

1.プラセンタ

究極のアンチエイジング成分とも呼ばれるプラセンタは、動物の胎盤から抽出される豊富な栄養素の総称。肌細胞が分裂するスピードを早めるので、できてから日の浅いシミであればすぐに排出されることも。

他にも肌のくすみがなくなり、肌に艶が出る。朝の目覚めが良くなるなど、さまざまな効果が期待できる成分です。

艶のある男の素肌へ「顔の老け」を感じたらプラセンタサプリ
BEST of 男のアンチエイジング 100%北海道産サラブレッド 100%ピュアプラセンタ原末 混ぜものなし…

2.美白コスメ

「男が美白コスメぇ〜!?」なんて思うかもしれませんが、男性でも美意識の高いヒトは既に使い始めています。僕も結構前から使ってますしね。

最近の美白コスメは、ただ美白成分を詰め込んだだけじゃなく、肌の奥まで届くように作られていますから、使って後悔することはないと思います。

3Stepで強力美白!男のシミ肌を明るくする化粧水・美容液・クリーム
実績の高い美白成分を使用 ナノカプセルで成分を包含 美白成分が肌の奥まで届く 〜セット内容〜 ・QuSome …

3.メンズエステ

わざわざ通う必要があり、コストもそこそこかかるためハードルが高く感じますが、その分だけ効果が高いのがメンズエステ。3つのうち、一番効果が高いのは間違いありません。

40代すぎて肌の力が衰えてたり、もう10年以上前からあるシミを消そうと考えているのなら、こういった専門的な場所でのケアでなければ正直ムリでしょう。

ダンディハウス、男の美肌道おすすめ度No.1メンズエステを体験口コミ・評判とあわせてご紹介
肌トラブルのうち「正しいケアしているのに改善されない」「最近気になりだしたけど実は昔からある」といったものは、…

顔色悪く見える「くすみ」はこうして改善

くすみとは、肌のツヤや透明感がなくなって、黒ずんでしまった状態を指します。そのため顔色も悪く見られることから、老けている、あるいは健康的でないなどの印象を与えてしまいがちです。

そのため常日頃から肌の状態をチェックし、もしもくすみが少しでも現れ始めたら、早めにケアをすることが大切です。

くすみには様々な原因があり、それぞれに対応も違ってきます。最も代表的なのは、紫外線によるものです。

紫外線はメラニンの生成を活性化させるため、これによりお肌を黒ずんだ色にする原因となります。この場合、新陳代謝を活発にしてメラニンを外へ出すことが大切です。また紫外線をできるだけ浴びないよう、日焼け止めクリームなども効果的に使うとよいでしょう。

紫外線以外にもある「くすみ」の原因

肌のケアが十分でないと、表面に汚れが溜まることでテカリや乾燥を招くことになります。また毛穴に溜まった汚れが原因で起こるむくみもあります。放っておくと毛穴が開いて、よけいに目立つことになります。そのため顔にできたくすみは、洗顔クリームなどでマッサージするように洗顔しましょう。

肌の乾燥も注意が必要です。乾燥することで外からの刺激に弱くなり、黒ずんでくる状態を指します。お肌のカサつきやしわも目立つことから、よけいに印象が悪くなります。乳液などでお肌の水分量を常に意識してケアすることが大切です。

またストレスや生活習慣の乱れ、飲酒や喫煙もくすみの原因となります。いずれも血流が悪くなってお肌に栄養が十分に行き渡らくなることによって、茶褐色を呈したお肌となってしまいます。

注意!カサカサ肌の男は、将来老け顔オヤジになるリスク大!

男性でも女性でも、「美肌」とは水分を十分に含んだ潤いのある肌のことです。そして、十分に水分を含んだお肌は、美しいだけではなく外からの刺激に対しても強くなります。

実際、肌に含まれる水分量はどのくらいが「美肌」なのかというと、50%くらいがちょうど良いといわれています。

逆に水分が不足したカサカサの肌は水分量が不足しており、真冬の時期には10%以下ということになる場合もあります。

夏も冬同様に肌が乾燥しがちだ

寒い時期にはお肌がつっぱたり、粉が吹いたり、唇がひび割れてしまったり、それに伴って皮膚に痒みや痛みが出たりというトラブルを経験されたことのある方も多いと思います。しかし、このようなトラブルは空気が乾燥する冬に限ったことではありません。

意外に思うかもしれませんが、夏も肌の乾燥によるトラブルを引き起こしやすい季節です。激しく照りつける太陽や有害な紫外線により、肌の水分が大幅に奪われてしまうからです。

また、肌の水分量は外的な影響だけではなく、年齢により変化し低下していきます。若いうちは水分量が細胞に多くハリ・潤いのある肌をしていますが、年齢を重ねるうちに徐々に肌の水分が減ってしまいます。

老け顔になるリスク低減のために保湿を

このように、肌の乾燥を招く要因はさまざまであり、何もしないで放っておけばニキビや吹き出物が繰り返しできる原因になるばかりでなく、最悪の場合はシワやシミといった治りにくい肌トラブルに直結してしまいます。

ダサい・キモい・汚い、こんな中年オヤジにならないためにも保湿ケアを

一般的に男性は女性に比べて皮膚が厚くて強いため、ほとんど何もしなくてもあまり肌荒れや皮膚の老化が顕在化しにくいのです。

しかし、油断すると気づいたときには深いしわやシミが顔全体に広がり、老化が驚くほど進行しているということもあります。

このように、肌は季節問わず肌は乾燥しがちであり、そのダメージは決して見逃すことができるものではありません。ここまで来れば、もう保湿ケアの重要性はしっかりとできたと思います。

そのまま放っておけば、将来的に顔に老けが目立つオヤジになってしまうので要注意です。

あなたは好感度がある人、ない人?男だって美肌で得する時代
一昔前まで、美肌ケアといえば女性のためのものと思われていました。しかし、今では男性も美肌であることが当たり前、…
急がば回れ!メンズスキンケアはその場しのぎでなく、根本的な改善を目的に
テカリやニキビ、乾燥や髭剃り跡など、男性の美肌作りのための悩みは尽きないものです。 悩みによって対処法はさまざ…
https://www.jqfarms.com/items/aquaforce.html

老けて見られる「シワ」はこうして改善

シワも女性だけではなく男性にとっても油断できません。シワが増えると一気に老け顔となってしまいます。だれでも、いつまでもシワがなくハリのある若々しい顔でありたいと思うでしょう。

シワの原因としては、まず紫外線があげられます。人の皮膚は表皮、真皮、皮下組織から構成されています。表皮は皮膚の外側を覆うもので、真皮は血管、汗腺、皮脂腺などがあります。皮下組織は暑さや寒さ、それに衝撃などから体を守る役割があります。

このなかで、シワに大きく関係するのは、真皮です。紫外線を浴びると、真皮の中の線維が切断されます。線維は肌の弾力性を保つ役割があるため、これがなくなると皮膚が緩んだ状態になってしまうため、シワになってしまうのです。

このため、紫外線を極力避けるようにすることが、シワを作らないようにするには大切です。日焼け止めクリームなどを効果的に利用して、紫外線から肌を守りましょう。

乾燥が肌表面に小さなシワを招く

また、肌の乾燥もシワの原因となるため、避けたいものです。お肌の保湿を充分にして、カサつかないようにすることが重要です。

シワがなくはりや弾力がある肌を保つのに欠かせない成分として、コラーゲンやヒアルロン酸があります。コラーゲンもヒアルロン酸も加齢とともに体内に分泌する量が減少してきます。そのため外部から補給することが必要となります。

そのほか肌の健康のためにはビタミンやミネラルも欠かせません。サプリメントで効率良く栄養素を摂取することもできますが、食生活の中でのバランスも大切です。体の内側からもシワができなくなるための対策をとる必要があります。

小顔も遠のく「たるみ」注意すべきポイント

顔にできるたるみは、加齢によってできてしまうものですが、それ以外の原因によっても生じます。

顔にたるみができてしまうと、女性だけではなく男性も、どうしても実際の年齢よりも老けて見られてしまいます。特に目の下のたるみは、顔の中心でもあるので目立ってしまいます。

女性と比べると男性のお肌はもともと皮脂の分泌量が多く、水分が少ないのが特徴です。しかもその上に髭を剃り、そのあと乳液とかを塗布することなく放っておくことが多いため、皮膚は乾燥状態となります。

冬場などは特に乾燥しやすくなっています。肌の乾燥状態を放置しておくとたるみの原因となるため、保湿を常に心掛けることが必要です。こうした日々のちょっとしたお手入れを続けることで、お肌の調子は改善されていきます。

肌の老化以外にもたるみの原因が

また仕事やアウトドアなどで紫外線を浴びることが多いため、活性酸素が発生します。この活性酸素が皮膚のコラーゲンなどを破壊し、たるみなどが増えて皮膚の老化現象を早めることになります。男性も日焼け止めクリームを塗るなどして、できるだけ紫外線を避ける工夫が必要です。

ストレスや生活習慣の乱れなども、たるみの原因となります。ストレスは活性酸素を増大させ、これが皮膚に悪影響を及ぼします。

不規則な生活や、暴飲暴食、偏った食生活などは、皮膚に充分な栄養が行き届かなくなって、新陳代謝を悪くします。これがたるみの原因となってしまうのです。

規則正しい生活を心掛け、栄養バランスのとれた食生活を送ることで、体の内側から肌を若く保つことができます。

疲れ顔に見える「目のクマ」はこう対策

目のくまができてしまってお悩みの方も多いと思われます。仕事や勉強などを遅くまで頑張ったり、睡眠不足が続いたりすると、目の下にくまができることがあることはご存知でしょう。

くまができるとどうしても疲れていたり、老けているように見られがちです。そのため印象が悪く、人と接するような仕事をされている方にとっては放っておけないトラブルです。

目のまわりの皮膚はとても薄いため、皮膚の下にある血管の色が見えることになります。疲労や睡眠不足が続いたり、ストレスが溜まったりすると、血行が悪くなることで血液中の酸素が欠乏します。

ほかにも栄養不足や体の冷え、喫煙などでも血流の低下が生じてきます。その結果、健康な状態では鮮やかな赤い色を呈している血液中のヘモグロビンが暗い色になり、黒ずんで見える原因となるのです。

目のクマ改善に効果的な方法

そのためこの場合、目元の血行を良くするということが大切となります。

睡眠を十分にとり規則正しい生活をする、栄養バランスのとれた食生活をする、それに喫煙を避けるなどを心掛けるようにしましょう。

また目の周りの血行をよくするためにマッサージをしたり、蒸しタオルと冷たいタオルを交互に顔に当てると、血流が良くなりリラックス効果もあります。

それ以外にも、メラニン色素が沈着することによってできる場合もあります。

この場合の原因は、紫外線による皮膚への刺激とお肌の乾燥によるものです。年齢とともに新陳代謝が低下し、メラニン色素が剥がれ落ちにくくなってきます。これが皮膚に沈着して茶褐色を呈してしまいます。

対策としてはできるだけ紫外線を浴びることを避けると同時に、肌の乾燥を防ぐことが大切です。肌が乾燥してしまうとお肌が刺激に対して敏感になってしまい、メラニン色素を作る働きが強くなってしまうからです。

カサカサ・血色の悪い「唇」はNG

荒れた唇や血色の悪い唇は、見た目に悪いものです。潤いがあり、明るいピンク色の唇であれば、良い印象を与えやすくなりますので、男性だからといって恥ずかしがらずにケアしていきましょう。

唇は周囲の皮膚とは異なって、とても薄い層からできています。そのため大切な潤いを保つという機能が弱く、乾燥などにより潤いが無くなりやすくなります。乾燥や摩擦などによって表面が荒れるようになり、ひどくなると炎症が起こることから、色素沈着によりくすみが生じて色も悪くなります。

荒れた唇は、リップクリームなどによる日々のケアによって改善することができます。唇の皮膚のターンオーバーは早いため、お手入れすればその効果がすぐに現れますから、嬉しいものです。

デリケートな唇のケアは焦りが禁物

ただしあせらず、あくまでもやさしくケアすることが大切です。リップクリームはその人によって効果に差があったり、刺激が強かったりしますから、選ぶ際には注意が必要でしょう。

また強くこすりつけるようにすると、摩擦によって色素沈着が生じることがあり、かえって逆効果となります。

血色の悪い唇は、外側からのケアだけでなく体の内側からのケアも重要になってきます。栄養状態が悪いと、唇の血色も悪くなってきます。

具体的には、ビタミンB2、B6、それに鉄分が不足すると、唇が荒れたり血色が悪くなるといわれています。これらの栄養素を中心に栄養のバランスがとれた食生活を送ることが大切です。

サプリメントで補うと、より効果的でしょう。また生活習慣の乱れや喫煙なども、血流が悪くなって血色の悪い唇の原因となりますから要注意です。

よく一緒に見られているページ

リップクリームは古い!唇ケアは「専用美容液」で30秒潤いチャージ
100%天然成分を使用 スーッと伸び、ベタつき0 長時間うるおいが続く 価格:980円(税込) 公式サイトへ …
メンズコスメの選び方|合成界面活性剤たっぷりの化粧品は使うな!
そこら辺に売ってる、大手メーカーのコスメ使ってませんか? ども、毎日使う洗顔料や化粧水は、絶対に無添加・自然派…

オヤジ顔の象徴「青髭」は脱毛が最適

青髭は、まさに男性の老け顔の象徴です。特に若い男性にとっては、青髭ができると一気におじさん顔になってしまいます。この青髭は、どんなに丁寧に深剃りをしても、残念ながらできてしまいます。

青髭ができる原因は、髭の太さにあるといわれています。一般に髭が濃い人ほど青髭になりやすいのですが、髭が濃いとは、髭が太くて本数も多い状態を指します。青髭は皮膚のなかにある髭の毛根から皮膚表面までの、皮膚の中の髭の部分が透けて見えることで生じます。髭が細くて本数も少なければ、それほど目立たないため青髭にはなりません。

また皮膚の色が白い人ほど、青髭になりやすいとされています。これは先の理由で皮膚のなかにある髭が透けてしまうということによって青髭ができてしまうものであり、日焼けなどで肌の色が黒い人は、髭の黒い色が目立ちにくくなりますから、青髭にはなりにくくなります。実際、黒人の場合どんなに髭が濃くても、青髭にはなりません。

青ヒゲ対策は脱毛がベスト

この原因を踏まえたうえで青髭の対策を考えた場合、大きく2つあります。ひとつは日焼けサロンに通って肌の色を黒くして、髭の剃り跡を目立たなくする方法です。もうひとつは脱毛、いわゆるひげ脱毛です。

日焼けサロンに通う方法は安全ですし、手軽に行えます。ただしこの方法では日焼けサロンに定期的に通い続ける必要があります。また、紫外線によるダメージは肌にとっては脅威となります。シミやシワといった、別の肌の老化につながりますので、この方法はあまり賢明ではありません。

それを考えた場合、やはり脱毛の方がおすすめです。費用も近年では下がってきていますし、施術後の仕上がり具合もいいようです。

よく一緒に見られているページ

3Stepでヒゲ脱毛!自宅で・手軽に・効果的にもっと綺麗な男になれる
簡単3ステップで「プロ並」脱毛力 一度限りの投資で「全箇所」脱毛完了 FDA認可「安全」家庭用脱毛器 価格:5…
仕事帰りにサクッとヒゲ脱毛!30分・痛くない・高コスパのメンズエステ
安全!なのにヒゲをしっかり減らす 専門知識でヒゲ脱毛をサポート 痛みの少ない光脱毛を採用 価格:6,000円〜…

オヤジ臭い「黄色い歯」は不潔な印象にも

いつまでも白い歯でいたいと誰でも思います。白い歯は健康的で、しかも若々しく見えます。歯が白いというだけで、実際の年齢よりも5歳若く見られるとも言われています。

歯は年齢とともに表面のエナメル質が薄れていき、黄色くなってしまいます。しかし加齢以外の原因によっても、歯は黄色くなってしまいます。

まず挙げられるのが、食べ物や飲み物の歯への着色です。特に色の濃い食べ物や飲み物は、着色しやすいので要注意です。チョコレート、カレー、ケチャップ、コーヒー、コーラ、赤ワインなどといった具合です。着色ではありませんが、酸性の食品を食べすぎるとエナメル質を溶かすことがあるため、黄色の象牙質が透けて見えるようになるので要注意です。またタバコもヤニが歯に付着しますから、黄色くなる原因となります。

歯のホワイトニングを始めよう

これらの場合、食事の後にしっかりとブラッシングすることが大切でしょう。ただしあまり強く磨きすぎると、エナメル質を削り取ってしまい、象牙質が透けて見えてかえって黄色い色を呈することになってしまいます。

使用する歯磨き粉も粗い研磨剤を多く含んだものを使用すると、同様にエナメル質を傷めます。またタバコは歯の健康を考える上でも控えるべきでしょう。

細菌により歯が着色するケースもあります。口の中には多くの細菌が存在しますが、その中には色素を生成する細菌があり、これが歯を着色するとされています。この場合は歯のクリーニングを歯科医でしてもらえばきれいになります。

歯は乾燥すると着色しやすくなるといわれています。歯並びが悪い人や口呼吸をする人などは、注意が必要です。

濁り充血のある「白目」は不健康に見える

濁っていたり、充血している目は、とても不健康です。しかも老け顔にまで見られてしまいます。

女性だけでなく男性にとっても、健康的な美しい目でありたいものです。目の濁りや充血は、病気である場合が多いため、早めに眼科で治療を受ける必要があります。

目元におけるトラブルの原因は目の疲れにありますが、目だけではなく体や心の疲れによっても生じてきます。

目の疲れは血流の悪さから生じる場合が多いといわれています。そのため栄養バランスのとれた食事を規則正しく摂って睡眠を十分に取ることにより、血流が改善されて自然と健康的で美しい目になっていきます。

その目のトラブル、病気のサインかも

一方で目の病気による場合も多いですから、注意が必要です。充血や黄色っぽい目ヤニ、それにかゆみがあり、まぶたも腫れているようなら、結膜炎の疑いがあります。

結膜炎には細菌性、ウィルス性、アレルギー性の大きく3つのタイプがあります。

細菌性の場合、抗生物質の点眼薬で比較的短期間で治りますが、ウィルス性の場合は症状が強く、治療には日数を要します。他人への伝染性も強いことから、慎重に治療することが重要です。

アレルギー性結膜炎は症状もそれほどひどくはなく、また伝染性もありませんから、処方された点眼薬でじっくり治療することが大切です。

角膜の傷によって充血や痛み、カスミなどの症状が生じる場合があります。これを角膜びらんといいますが、傷が深い場合は角膜潰瘍とよばれます。

ばい菌が入ると視力低下などの後遺症となる場合がありますから、速やかに眼科で治療を受けることが大切です。

40歳を過ぎた頃から現れ始めるのが、白内障です。目の中が濁ることで目が見えにくくなってしまう病気です。

軽度の症状でしたら手術を急ぐ必要はありませんが、他の病気を併発する場合もありますから、定期的に眼科で診察を受けて医師の診断に従うようにしたいものです。

ボサボサの「眉毛」はシャープに整えろ

ボサボサになっているまゆげは、特に若い男性にとっては老けて見られがちなので、悩みの種でしょう。実際、まゆげをきれいにお手入れするだけで、かなり印象も違ってくるものです。

これは石原さとみさんの例です。

男性の例を出せればよかったのですが、好きなんです。石原さとみ。

ボサボサではないですが、まゆげ太めでちょっとイモっぽい

細く整ってて、綺麗なまゆげですね。印象違います。

化粧の違いはあるとは思いますが、ボサボサな眉毛は太くなり境界線が曖昧になるためイモっぽさがハンパないです。

男性こそ眉の手入れは必須

女性に好感をもって見られたいのはもちろんですが、就職活動や接客・営業などのお仕事でも、できるだけ良い印象を持ってもらうためにも、まゆげはきれいに整えておきたいものです。

まゆげのお手入れは今や女性だけではなく男性の間でも必須ともいわれています。

まゆげのお手入れの基本は、抜くのではなく切る、ということです。まゆげが生えている部分は皮膚が薄くて非常にデリケートなので、抜くと炎症を起こして腫れたり、しわができる原因となります。

How To 男の眉毛の手入れ

普通のハサミで切ってはダメです。

なかなかうまく切れないだけでなくケガをする危険がありますので、まゆげカット専用ハサミを用意しましょう。最近ではハサミにコーム(くし)が一体化したまゆげ専用ハサミが販売されています。

こちらを使うとより一層簡単で安全にまゆげを切ることができます。

カットが終わったら、アイブローペンシルを用いて薄くなっている部分を描いていきます。色は髪の毛と自然になる色を使用するようにしますが、髪を染めていない方はグレーが無難でしょう。描いた後はまゆげ用ブラシでとかして十分になじませるようにします。

最後に毛抜きやカミソリを用いて、産毛などの余分な毛を除去して仕上がりです。

大切なのは、あくまでもやりすぎないようにする、ということです。あまりに整いすぎていると、不自然な感じがして返って悪い印象を与えることになってしまいます。

シェアする

フォローする