あなたの肌が汚い理由、オイリー肌が原因かも!?

毛穴の汚れ・黒ずみ

肌の毛穴の汚れ・黒ずみなどは、顔の美しさを著しく削いでしまう原因となります。

こうした汚れはできるだけ生じないようにしておきたいところですが、特にオイリー肌の方はこうした汚れが生じやすいといいます。

なぜオイリー肌の方は毛穴の汚れ・黒ずみを招いてしまうのでしょうか、その原因となるのは過剰に分泌された皮脂や角栓などの存在です。

オイリー肌の毛穴の汚れは主に皮脂や角栓の2つの物質が原因となり、皮脂は粘着性があることから他のゴミが付着して汚く見えてしまうことになります。

また角栓などは毛穴に詰まったまま時間を置くと酸化することで黒ずみのように見えてしまう事もあるので、このあたりも汚れて見える大きな原因であるといえます。

肌のバリア機能の低下

何かと迷惑に感じる皮脂ですが、本来は顔を外部からの刺激より守るというバリア機能がありますので、人体にとっては必要なものであると言えます。

オイリー肌であれば、有り余る皮脂により防護機能がより強化されているといえるのですが、実際にはそのバリア機能が低下しているケースがよくあるのです。

なぜオイリー肌はバリア機能が低下するのでしょうか、これにはその当人の行動が原因として大きく関係しており、オイリー肌を気にしすぎるゆえに洗いすぎてしまうということが原因として挙げられます。

オイリー肌の本来の良い面を省みず、洗いすぎてしまうことを原因として肌の機能を失わせてしまうといういうのはかなり痛いことであり、ぜひとも避けなければならないと言えます。

ニキビ

オイリー肌の方は皮脂が過剰に分泌されることから、毛穴内部でつまりが生じる可能性が著しく高いといえます。

特に若い年代の方は新陳代謝が高いことから角質が生じやすいこともあり、皮脂と共に毛穴内部で溜まってしまうとニキビの原因菌であるアクネ菌が内部で増殖してしまい、このことが直接の原因となりニキビが生じてくるのです。

オイリー肌の方は夏場でなくても皮脂をふき取るクレンジングシートを持ち歩くこともあるのですが、毛穴内部に貯まった皮脂まではしっかりと取り除くことができません。

ニキビの原因となる皮脂をいつまでも取り去ることができず、またオイリー肌の方は更に皮脂を分泌してしまいますので、そうした環境下では菌が著しく繁殖してしまいニキビが表れやすくなるのです。

肌のくすみ

肌のくすみは色合いがとても悪く、血色が悪い不摂生な顔に見えてしまうのですが、このくすみはオイリー肌の方に多いといいます。

一般的にくすみは加齢と共に表れると考えられていますが、なぜオイリー肌の場合にも生じるのでしょうか。その原因として挙げられるのは、オイリー肌特有の毛穴汚れです。

皮脂が多いと毛穴内部には過剰に分泌された皮脂が貯まることになり、粘着性がある皮脂の影響によりは角質が残りやすく、皮脂と角質が相まり肌全体が薄汚れて見えてしまうことが原因となるのです。

つまり元の肌がいくらキレイな状態であっても、オイリー肌であることが原因で汚れがくすみとして見られてしまうことになりますので、注意が必要となるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする