オヤジ顔の象徴「青髭」は脱毛が最適|老け顔男性の特徴その7

青髭は、まさに男性の老け顔の象徴です。特に若い男性にとっては、青髭ができると一気におじさん顔になってしまいます。この青髭は、どんなに丁寧に深剃りをしても、残念ながらできてしまいます。

青髭ができる原因は、髭の太さにあるといわれています。一般に髭が濃い人ほど青髭になりやすいのですが、髭が濃いとは、髭が太くて本数も多い状態を指します。青髭は皮膚のなかにある髭の毛根から皮膚表面までの、皮膚の中の髭の部分が透けて見えることで生じます。髭が細くて本数も少なければ、それほど目立たないため青髭にはなりません。

また皮膚の色が白い人ほど、青髭になりやすいとされています。これは先の理由で皮膚のなかにある髭が透けてしまうということによって青髭ができてしまうものであり、日焼けなどで肌の色が黒い人は、髭の黒い色が目立ちにくくなりますから、青髭にはなりにくくなります。実際、黒人の場合どんなに髭が濃くても、青髭にはなりません。

青ヒゲ対策は脱毛がベスト

この原因を踏まえたうえで青髭の対策を考えた場合、大きく2つあります。ひとつは日焼けサロンに通って肌の色を黒くして、髭の剃り跡を目立たなくする方法です。もうひとつは脱毛、いわゆるひげ脱毛です。

日焼けサロンに通う方法は安全ですし、手軽に行えます。ただしこの方法では日焼けサロンに定期的に通い続ける必要があります。また、紫外線によるダメージは肌にとっては脅威となります。シミやシワといった、別の肌の老化につながりますので、この方法はあまり賢明ではありません。

それを考えた場合、やはり脱毛の方がおすすめです。費用も近年では下がってきていますし、施術後の仕上がり具合もいいようです。

よく一緒に見られているページ