ダンディハウスの「フェイススリムコース」の内容とメリット

ダンディハウスには様々なメンズエステのコースがありますが、その中でも美しさを追求したコースがこのフェイススリムコースです。

フェイススリムコースは、その名の通り、顔やせをしたい方にとってピッタリの内容となっています。例えば、顔だけ太りやすい体質の方は、ダイエットを行うのではなく、このコースを行ったほうがいいかもしれません。また、容姿にこだわりのある方であれば、たとえ太っていなくても、フェイススリムコースを行ってみると良いでしょう。

顔のラインのことをフェイスラインと言いますが、このフェイスラインが少し良くなるだけで、かなり見栄えは影響しています。

体の他の部分は、服を着るのである程度は自分で調節することが可能です。しかし、顔の場合は隠そうと思っても、髪の毛でしか隠せないのが現状だと思います。さらに男性の場合は仕事の関係で伸ばすこともできないことが多いので、フェイスラインは重要な部分となってくるのです。

また、ダンディハウスのフェイススリムコースは、独自の高度なマッサージを行っているので、自分や家族に行ってもらうマッサージとは違うのはもちろんですが、一般的なマッサージ店でマッサージを受けるのとも全く違うと思ってください。

ダンディハウスのフェイススリムコースでのマッサージは、血流やリンパの流れが良くなるため、むくみがとれやすくなります。その結果、スリムなフェイスラインに変わることができるのです。

さらに、このような血の巡りの良くなるマッサージなので、美肌効果も大きいです。つまり、フェイスラインだけではなく顔全体の美容効果まで得ることができます。

一般的には、ダイエットを成功させたい方やニキビや肌の状態を良くしたい方は多いと思います。しかし、顔のラインを引き締まったものにしたい男性は、それに比べると少ないのが現状です。

そんな中でもこのフェイススリムコースが存在するということは、それだけの価値があるコースと考えることができるのではないでしょうか?

引き締まった男のモテ顔づくり「フェイススリム」の施術の流れ

このページでは、ダンディハウスのフェイススリムコースの施術の流れを説明します。

ダンディハウスのフェイススリムは、他のエステサロンとは比べ物にならないほど、小顔効果があると口コミでも話題になっています。

顔の輪郭は第一印象に大きな印象を与えることから、無駄な贅肉のないアゴや頬は、顔をすっきりシャープなハンサム顔に見せるための重要なポイントといえます。

世界が注目するハリウッドスターは、シャープな顔立ちを維持するために顔やせ・小顔のためのケアを行っており、ダンディハウスのフェイススリムコースの技術はハリウッドから導入した本格的な施術方法です。

まずは、顔にスチームをあてながら、首筋からデコルテ(胸元)にかけてマッサージします。

顔は首、肩、胸と身体につながっています。顔のむくみやたるみを取るために、顔に溜まっている老廃物や脂肪を流していくわけですが、顔のマッサージして流れをよくしたとしても、首から下の流れが滞っていたらそこで老廃物が再度滞ってしまい、効果は半減してしまいます。

ですので、首筋からデコルテにかけての流れを正常化し、詰まりを取ることは必要不可欠なのです。そして、毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかりと除去するために、丁寧にクレンジングしていきます。

次にシャープなフェイスラインを作るため、科学的な理論に基づいたハンドマッサージを行います。

絶妙なハンドテクニックを駆使することで、お肌の細胞を活性化させて肌機能を正常化し、血流やリンパの流れや、さらには脂肪燃焼と老廃物の排出を促していきます。

また、神経系や筋肉にも刺激を与えるので、たるみに対しても総合的な改善を図ることとなります。そして、フェイスラインに沿ってリフトアップマッサージを行うことで、むくみやたるみのない、若々しい小顔を目指します。

場合によっては、まず顔の半分だけ施術を終えた時点で施術終了側と未施術側のフェイスラインの違いをチェックさせてもらえるようで、鏡を見てフェイスラインの違いに驚かれる方も多いようです。

こちらのフェイススリムコースは、女性専用エステサロン「ミスパリ」でもフェイシャルコースにもなっており、その効果から絶大な人気を得ています。

施術時間は約60分、初めての方にはフルコースで5250円という初回体験もありますので、「気持ちも顔も引き締めて男は勝負する!」をテーマにフェイススリムを体験されてみるのも一度おすすめです。

ダンディハウスの「フェイススリム」を体験!

dandy-top2013feb

ダンディハウス、男の美肌道おすすめ度No.1メンズエステを体験口コミ・評判とあわせてご紹介
肌トラブルのうち「正しいケアしているのに改善されない」「最近気になりだしたけど実は昔からある」といったものは、セルフケアでの改善はかなり厳し...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする