男のUVケアのすすめ|その肌のくすみ、メラニンが原因かも

肌のトラブルとして、シミやそばかす、くすみなどがありますが、このどれをとっても元々の原因はたいして変わりません。

くすみやこれらの肌トラブルの原因の大元は紫外線です。よくシミやそばかすの原因はメラニンだと言います。たしかにシミを作っているのはメラニンですが、メラニンが分泌されるのには原因があります。それが紫外線で、太陽光などを浴びると同時に大量の紫外線を浴びている事になります。

メラニンは、皮膚だけでなく、頭皮や目などにもあり、髪の毛の色や目の色を決定する色素でもあります。

とくに、不健康な生活や、老化が進むと皮膚の新陳代謝が悪くなりますので、メラニンが長く排出されずに皮膚内に残る事になります。

そもそも、皮膚には表皮と真皮の2層構造になっていますが、紫外線は表皮を通過して真皮にまで到達します。これによって、皮膚細胞を傷つけるだけでなく、水分が抜けて乾燥していきます。紫外線は、人体に影響を及ぼす物質なのです。

こうしたことから、しっかりと普段からUVカットをしていく必要があります。夏場や晴れた日は誰が見ても日差しが強くて紫外線が多い事が分かりますが、曇りの日や家の中にまで紫外線は到達します。

なので、日焼け止めをいかなる時でも、どのような季節でもしっかりとしていく必要がありますが、それが面倒だという場合はUVカット効果のある化粧水や乳液を普段から利用すればいいのではないでしょうか。

シミやくすみの対策には、メラニンを過剰に作らせない事が大切です。