40代以降の男のスキンケア|汚い肌対策は「生活習慣」の改善から

中年男性の肌荒れ、ニキビ、テカリ、臭いの原因はいろいろあるのですが、若いころよりも生活習慣が乱れてしまうことが大きな原因となっています。

若いころは新陳代謝も活発で、肌の水分量も多いので皮脂の分泌量が多くても、それほど毛穴に皮脂や老廃物が詰まったりしないものです。また、結構も良く肌の調子も悪くなりにくいのです。そして、皮脂の分泌を過剰にしてしまう原因のひとつでもある肥満も、若いころなら同じ生活をしていてもあまり太らないのです。

中年男性になると、肌の水分量も低下し皮脂の分泌量が多くなるので、毛穴に詰まりやすい粘性の強い皮脂が分泌されるようになるのです。そのため、若いころよりもしっかり生活習慣を改善していかなければいけません。

スキンケアのための生活習慣の改善としては、早寝早起きをして時間を有意義に使うということです。男性がスキンケア不足になってしまう原因としては、洗顔にあまり時間をかけない、ということが一番です。

朝仕事に行くまでに時間がないので、ゴシゴシと洗うだけ、タオルで拭くだけ、場合によっては一切顔を洗わない、という人もいるのです。それではまったくスキンケアになりません。10分でも早起きして、その10分を洗顔に費やしましょう。

また、さらに早起きすれば、散歩をして運動することができることです。運動をすることで肥満防止にもなりますし、ストレス開所にもなります。そのため、皮脂の分泌を少なくなるのでスキンケアになるのです。早起きのためには、早寝をする必要があります。しっかり睡眠をとることで肌の調子も良くなります。

その他には、タバコ、アルコールの摂取を控える、肌に良い食生活を送るなどでもスキンケアに繋がりますし、身体全体のケアのためにもいいでしょう。