脱・男の乾燥肌!肌が汚い原因はカサカサ肌にあり!?

大きく腫れて見るからに痛そうな「ニキビ」。

黒いブツブツだらけの汚い「毛穴」。

顔色を悪くする「シミ」や「くすみ」。

清潔感や爽やかといった好印象から遠ざけてしまう肌トラブルはさまざまですが、

全てに共通するのが「乾燥肌」が根本原因だということ。

生活習慣や現代人を取り巻く環境の変化により、季節を問わず肌が乾燥しがちな男性が増えつつあります。あなたの悩みはニキビや汚い毛穴といった目に見える肌トラブルだけですか?

「よく考えてみれば乾燥肌かも」ということであれば、肌の乾燥を改善することから始めてみましょう。目先のケアに走るのは賢くありませんし、徒労に終わるだけです。

男の乾燥肌改善はスキンケアの見直しから

「男が肌の手入れなんて」「肌が余計に乾燥するから」といった理由で、日頃のスキンケアをおろそかにするのはナンセンスです。

肌がカサカサになる一番の原因は、スキンケアのやり方を間違えていることにあります。まずは正しいスキンケアの方法を身につけることが、乾燥肌改善の第一歩です。

 

1.洗顔

まずは洗顔で肌の汚れ落とし。泡をたっぷり作って、泡をコロコロと転がすようにして洗いましょう。

2.化粧水

肌を保湿する

洗顔が終わったら、すぐに化粧水で保湿。手でパタパタと軽く叩きながら肌へ染み込ませるのがポイント。

http://www.jqfarms.com/items/aquaforce.html

3.クリーム

肌の水分を閉じ込める

化粧水後にクリームで肌の水分を閉じ込めて完了。化粧水だけで潤いが続く場合はクリームは不要です。

オールインワンジェルのZIGENのサイトへ

最近ZIGENの人気が上昇しており入手困難となっている情報が入ってきています。

乾燥肌メンズにおすすめ化粧品

乾燥肌の男性がドラッグストアなどで売られている洗顔料や化粧水を使うと肌に合わない場合があります。

肌が乾燥していると刺激に弱くなり、市販の洗顔料の多くは洗浄力が強すぎますし、化粧水は香料や着色料など不要な添加物を使用しています。

「洗顔をすると余計に肌がカサつく」「化粧水を使うとピリピリする」という場合は、スキンケアのやり方と同時に化粧品の見直しも必要です。

乾燥肌におすすめ洗顔料

良い洗顔料=洗浄力が高い、と考えていませんか?実は、昔の僕もそうでした。ですが、これは間違いです。

肌にとって本当に良い洗顔料とは、「適度な洗浄力」と「不要な成分を使っていない」という2つの条件を満たしているものです。

ベタつきのもと、などとあまり良く思われない皮脂ですが、肌の水分を保つためには本来必要なもの。洗浄力の高い洗顔料が原因で、必要な皮脂まで洗い流されてしまうこともあるので注意が必要です。

また、香料や着色料などの添加物を多く含んでいるモノは、乾燥肌にとっては刺激になるので禁物。

2つの条件、「適度な洗浄力」と「不要な成分を使っていない」を満たすことから、『池田さんの石けん』という洗顔料をおすすめします。

http://www.jqfarms.com/items/sengansekken.html

当サイトでは、全ての男性に池田さんの石けんの使用を推奨していますが、乾燥肌のあなたには特に使って欲しいと考えています。


乾燥肌におすすめ化粧水

洗顔はある程度やっているけど保湿は全然していない、なんてことはないでしょうか?実は、これもまた昔の僕です。

昔の僕を含め、洗顔さえ頑張れば肌が綺麗になるものだと考えている男性は意外と多くいます。

しかし、それは間違いです。むしろ、洗顔を頑張れば頑張るほど、肌の乾燥が加速し、ニキビなどの肌トラブルができやすい状態に整えることになります。

男だって化粧水を使った保湿ケアは絶対に欠かせません。

では、どのような化粧水を選べば良いのか?

乾燥肌の男性は特に、「肌の潤いを保つ役割がある」それに「肌の奥へ素早く浸透する」という2つの条件を満たす化粧水をおすすめします。

これら条件を満たさない化粧水ですと、「肌につけた時は潤いを感じるけど、気付いた時には既にカサカサになっている」なんてことが往々にしてあります。

一時的に潤わすことを目的にするのではなく、長時間キープすることを目的とした成分配合。そして、肌の表面だけでなく、肌の奥まで浸透できる。この2つ条件を満たすのが『オルビスのアクアフォース・ローション』です。