電気シェーバーを使って髭剃りする場合のコツ

電気シェーバーを利用してひげを剃る場合は、普通であれば何を気にするでもなくガンガン剃ってしまえば良いです。

ただ、肌の状態があまり良くない場合は、電気シェーバー用のシェービング剤があるので利用すると良いでしょう。

また、最近の電気シェーバーは水洗いが可能なものもあるので、こまめに洗って清潔に保つことも大事です。

実際に使用する時は、シェーバーを無理に肌に押し付けてはいけません。柔らかくやさしく肌にタッチして剃るようにしたいですね。

頬骨のところなど、剃りが甘くなりがちなところはついつい強く押し付けてしまいがちですが、あまり強く押し付けると逆にひげが寝てしまい、余計に剃りにくくなってしまいます。そうした場所を剃る場合は、肌を伸ばしてみたり、先に指でひげの生えている方向の反対方向に撫でて、ひげを立たせてからシェーバーを当てましょう。

シェービング後はここに注意

多くの場合、電気シェーバーにはメインの刃とは別にヘラのような細くて平らな刃がついています。これはひげの生え際の形を整えるためのものです。もしひげを剃るのではなく、おしゃれに伸ばしたい人は、これを使ってひげの形を整えると良いでしょう。

電気シェーバーを使用した時でも、髭剃りが終わったら軽く顔を洗うと良いでしょう。洗顔料を使う必要はありません、簡単に水洗いでOKです。それよりも、化粧水をつかった保湿ケアを忘れないようにしてください。

T字髭剃りと比べて肌が傷つく可能性は低いですが、中には粉を吹いてしまいがちな人や、感想からヒビ割れがおこってしまう人もいるでしょう。そうならないためにも、市販の化粧水などを利用してきちんと保湿するように心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする