男の青クマを防ぐスキンケア

青クマとは目の下にできる青色のクマの事を指しており、状況によっては黒に近い濃い色合いになっていることもあります。

目の周りが青くなるため見た目の印象は非常に悪く、何か悪い病気でも患っているかのような、かなり不健康な印象を与えることになります。

なぜこうした状態になるのか

原因としては疲労が重なることや睡眠不足であること、また体調不良が続いた場合などに色が変わることがおおく、目の周辺の血行不良が直接的な原因となります。

通常の血液は赤色をしていますが、血行不良になると血液は新鮮な酸素を取り込むことができず、血中のヘモグロビンが赤から黒に近い色に変色することになります。

加えてまぶたの下は皮膚が非常に薄いことからこうした濃い色が透けて見えることになり青クマが生じるのです。

症状を予防するには

ではこうした症状を予防するにはどういった方法が最適だといえるのでしょうか。

原因は血行不良となりますので、予防するには何より血行を促進させることが大切になります。

そこで効果を発揮するのがホットアイマスクで、じわじわと温められることで血管が広がり古く留まった血をスムーズに流すことができますので、予防にも改善にも最適な方法となるのです。

ホットアイマスクは入浴して体を温めるのではなく、症状を改善したい患部をピンポイントで温めることができますので、職場の昼休みでも手軽に使える最適な方法であると言えます。

またホットアイマスクは青クマだけでなく眼精疲労も解消することができますので、一石二鳥でもあるのです。