その筋トレの仕方で大丈夫?顔がシミ・しわだらけになるかも

もう夏は終わりに近づいてるってのに、今頃になって筋トレを頑張っている管理人です。

筋トレいいですね。筋肉つきますし、壊れた筋肉修復のために成長ホルモンの分泌が促進されます。この成長ホルモンは、肌にとって良い働きをする側面もあります。

そんな筋トレ。あなたも愛好家の一人かもしれませんが、気をつけていただきたいポイントが個人的にありますので、そっとアドバイス(´・ω・)つ

3つあります。

ポーカーフェイスでやれ
汗をこまめに拭け
やりすぎは禁物

1つずつ解説。

ポーカーフェイスでやれ

回数を重ねるごとに筋肉に疲労がたまり、だんだんキツくなってきますよね。
その時、顔にも思いっきり力が入り、顔を歪めていないでしょうか?

その気持ち、というか勝手にそうなってしまうのは分かりますが、キツくてもなるべく表情は変えずにトレーニングすることをオススメします。

というのも、顔に力を入れたとき、眉間や鼻の横にグッとシワができているはずです。一度や二度では問題ありませんが、そういった表情の変化を繰り返し、繰り返し続けていると、やがてそのシワが肌に残るようになってしまいます。

眉間のシワは常に怒っている印象、鼻の横のシワ(ほうれい線)は老けたり元気のない印象に繋がってしまいます。いずれもネガティブな印象ですので、避けたいところですよね。ということで、筋トレをやるときはいくらキツくても、できるだけ表情を変えないこと。ポーカーフェイスでやりましょう。

汗をこまめに拭け

続いては筋トレ中にかく「汗」です。これはこまめに拭く習慣にしましょう。

肌にトラブルを招く要因はいくつかありますが、ワースト3の中に入るのが「肌の乾燥」です。男の美肌を手に入れるためには、肌の乾燥は絶対に避ける必要があります。で、この乾燥を避けるために汗をこまめに拭きましょう、というアドバイスです。

汗は放っておくとそのうち蒸発していきますが、その際、肌の水分まで一緒に蒸発させてしまいます。ですので、汗は放っておいてはダメ!こまめに拭きとること。

そして、筋トレが終了したらすぐに顔を洗い、化粧水で保湿。絶対に忘れないようにしましょう。

やりすぎは禁物

なにごともそうですね。やり過ぎは禁物。筋トレについても言えることです。

まぁ、筋トレぐらいじゃあまり無いと思いますが、過度な運動を行うと体のなかで「活性酸素」というものが発生します。活性、と聞くと良いものに思うかもしれませんが真逆。体にとって有害な物質です。

活性酸素は、全身の細胞を傷つけてしまい、細胞の働きを阻害する性質を持っています。従って、頑張って運動するあまり、活性酸素を大量に発生させてしまうと美容・健康効果どころじゃないんです。逆に、肌の老化を進めてしまう原因にもなるので注意が必要。

先ほども言いましたが、筋トレ程度じゃよっぽど大丈夫だとは思いますが。マラソンやる方や、吐きそうになるくらいトレーニングしちゃうマゾな方は要注意ですw

こんなところです。筋トレ含め、運動する際はこれらポイントに気をつけながらやってください。そうしないと、シワシワ・シミだらけの顔になっちゃいますよーm9( ゚д゚)