40代・50代の男性に目立つ肌トラブル&それら改善方法とは?

シミが目立つ・消えにくくなる

一定の年を重ねて40代・50代男性の頃合になると、肌の色合いが一段と落ち込んできます。

とりわけくすんだ色合いを強調させるシミが多くでてくるのですが、対策をとろうにも消えにくい事が多々あるのですが、それはどういったところに原因があるのでしょうか。

そもそもシミは40代・50代男性になり急に出てくるものではなく、その主たる原因となる日焼けは若い頃からの蓄積が大きく関係してきます。

加えて40代・50代男性でシミが消えにくいというのは、肌の新陳代謝機能が若い頃と比べて著しく低下しているところが原因として大きいといえます。

新陳代謝と若い頃からの日焼けと相まって、よりいっそう悪化して消えにくくなっているのがこの年代の特徴であるといえます。

表情筋の衰え

加齢と共に全身の筋肉が落ち込んできますので、40代・50代男性になると若さを保つようにと運動を始める方も多くおります。

こうした筋肉の落ち込みは足腰だけでなく、顔の表情筋という細かな部分まで衰えが見えるようになります。

なぜ表情筋が衰えるのか原因を考えると、他の筋肉であればダンベルを使わないまでも日々の生活で少しは鍛えることができますが、一方で顔が鍛えられるということはあまりないという点が挙げられます。

鍛えることがなければ、後は40代・50代男性にも差し掛かると加齢を原因として衰える一方となるのです。

また40代・50代男性の場合は、普段からあまり顔に喜怒哀楽を大きく出さなくなるという点も原因として大きく関係しており、あまり使われることがなくなった表情筋が衰えてしまうというのも当然のことであると言えます。

顔のたるみ

よく年老いた方を描く際に、ブルドッグのように顔に大きなたるみを持たせた姿で表現する場合がよくあります。

この顔のたるみは40代・50代男性に顕著に現れる特徴なのですが、どのようなことを原因として顔に生じるのでしょうか。

そもそも若い頃の肌はピンとした張りがありますので落ち込むことはありません。しかし年を重ねると肌のコラーゲンが不足するようになり張りを保つことができず、それが原因で40代・50代男性の方にたるみが生じてくるのです。

また年を重ねると代謝が低下することになり、余計な水分やリンパ液などが顔周りに貯まってしまいます。このあたりも40代・50代男性の顔にたるみが生じてしまう原因となっているのです。

シワが目立つ・消えにくくなる

40代・50代男性になると、それまでの世代で生じてきた部分的な小ジワと異なり顔全体に生じて、さらに消えにくくなってきます。

この顔全体にできるというのは40代・50代男性で急に表れるものではなく、それまでの年代で積み重ねた紫外線・肌の乾燥・筋肉の衰え・表情のくせなどの様々なシワの原因が下地となって、顔全体に一気に広がるようになるのです。

また40代・50代男性はシワが生じやすいだけでなく消えにくいということもありますので、早い段階からケアを始めなければなりません。

この消えにくい原因として挙げられるのは肌機能が極端に落ち込んでいるという点で、コラーゲンを必要量維持することができなくなります。

コラーゲンの減少は肌のふくらみや弾力性を削ぐことになり、このあたりがシワが消えにくい40代・50代男性特有の原因に挙げられます。