30代・40代の男性は要注意!顔の血行の悪さが肌のくすみやシミに

乾燥肌やじっとり肌だけではなく、全体的に青白い顔色の人も少なくはありません。顔の血行が悪くなったり、透明度が下がることで目の下のクマなどが目立つようになり、非常に不健康そうにみえてしまいます。

低血圧な人にこのような顔色の人が多いからといって、血圧が低いわけでも病気なわけでもないのに、そのような事を言われたり、そのような目で見られてしまっては損です。しっかりと血行を良くして、健康的に見えるように工夫していきましょう。

とくに、年を重ねていくとこのように肌色が悪くなってしまう事が多いようです。そのひとつの要因としては、表面の角質が代謝されずに残ってしまい、角質肥厚によって透明感や艶が失われるという事についてはすでに説明しました。

また、人間は大人になっていくとだんだん喜怒哀楽を表情に表す事が少なくなっていくため、表情筋や毛細血管の働きが衰えてこのように顔の血行が悪くなってしまうのです。

表情筋や血行の悪化は、見た目の年齢を著しく下げてしまう事になりますので、常に笑う事を意識し、顔のマッサージや表情筋のトレーニングをしていく事で、表情豊かな血行の良い顔色を維持していく事ができます。

どんなにスキンケアをしていても、この部分に関しては盲点の人が多いようで、なかなかマッサージや体操をする男性はいませんが、男性は女性と比べても特に表情筋を動かす事が少ないため、顔にシワができづらい分、表情が硬くなったり、顔の皮膚が下に垂れていったりしやすいのです。血行と表情筋を良くしていつまでも若々しくいたいところです。